WordPressに関連するセキュリティ情報をお知らせしてます

見つかったセキュリティ上の問題は、日々修正されています。プラグインやテーマのこまめなアップデートが、セキュリティ対策として不可欠です。

アップデートなんて面倒、誰かに任せたいと思ったら "プリケアWP" のご利用を!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] (1454)
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
CVE-2023-27447 VeronaLabs WP SMS - Messaging & SMS Notification for WordPress, WooCommerce, GravityForms, etc.の脆弱性により、許可されていない行為者に機密情報が公開されます。この問題は、WP SMS - Messaging & SMS Notification for WordPress, WooCommerce, GravityForms, etc.の n/a から 6.0.4 までのバージョンに影響します。 7.5 CVE
2024-03-05 03:00:05.060195
CVE-2023-6493 WordPress用Depicter Slider - Responsive Image Slider, Video Slider & Post Sliderプラグインは、2.0.6までのすべてのバージョンにおいて、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性があります。これは、'save' 関数の nonce バリデーションが欠落しているか、正しくないことが原因です。このため、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者をだますことができる偽造リクエストを使用して、プラグインの設定を変更することが可能です。CVE-2023-51491 は、この問題の複製と思われます。 4.3 CVE
2024-03-05 03:00:05.059300
CVE-2023-7044 The Essential Addons for Elementor - Best Elementor Templates, Widgets, Kits & WooCommerce Builders plugin for WordPress は、5.9.2 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、カスタム ID を介した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、コントリビューター以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-03-05 03:00:05.058710
CVE-2023-6738 ページビルダーPagelayer - Drag and Drop website builder plugin for WordPress は、1.7.8 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'pagelayer_header_code'、'pagelayer_body_open_code'、'pagelayer_footer_code' メタフィールドを介した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブ・スクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。これは、バージョン 1.7.7 で修正された脆弱性の再導入と思われます。 5.4 CVE
2024-03-05 03:00:05.057975
CVE-2023-6733 WordPress 用 WP-Members Membership Plugin プラグインは、3.4.8 までのすべてのバージョンにおいて、wpmem_field ショートコード経由で機密情報暴露の脆弱性があります。これにより、コントリビューター以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、ユーザーの電子メール、パスワードハッシュ、ユーザー名などの機密データを抽出することが可能になります。 6.5 CVE
2024-03-05 03:00:05.057149
CVE-2023-6498 WordPress 用 Complianz - GDPR/CCPA Cookie Consent プラグインは、6.5.5 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、管理者設定を経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。この問題は、マルチサイトのインストールおよび unfiltered_html が無効になっているインストールにのみ影響します。 4.8 CVE
2024-03-05 03:00:05.056542
CVE-2024-0201 WordPress 用の Product Expiry for WooCommerce プラグインには、2.5 までのバージョンで 'save_settings' 関数の機能チェックが欠落しているため、データが不正に変更される脆弱性があります。これにより、サブスクライバレベル以上の権限を持つ、認証された攻撃者がプラグインの設定を更新することが可能になります。 4.3 CVE
2024-03-05 03:00:05.055957
CVE-2023-7068 WooCommerce PDF Invoices, Packing Slips, Delivery Notes and Shipping Labels plugin for WordPress は、4.3.0 までのすべてのバージョンにおいて、print_packinglist アクションの機能チェックが欠落しているため、データに不正アクセスされる脆弱性があります。このため、サブスクライバレベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、機密情報を含む可能性のある注文をエクスポートできる可能性があります。 6.5 CVE
2024-03-05 03:00:05.055332
CVE-2023-6984 PowerPack Addons for Elementor (Free Widgets, Extensions and Templates) プラグインは、2.7.13 までのすべてのバージョンにおいて、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性があります。これは、powerpack-lite-for-elementor/classes/class-pp-admin-settings.php ファイルにおける nonce 検証の欠落または不正確さが原因です。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようにサイト管理者をだますことができる、偽造されたリクエストを介してプラグイン設定を変更およびリセットすることが可能になります。 4.3 CVE
2024-03-05 03:00:05.054750
CVE-2023-6747 The Best WordPress Gallery Plugin - FooGallery plugin for WordPress は、2.3.3 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、カスタム属性を経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。このため、投稿者以上のユーザーが、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能で、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-03-05 03:00:05.054045
CVE-2023-6621 2.8.7以前のPOST SMTP WordPressプラグインは、ページに出力する前にmsgパラメータをサニタイズおよびエスケープしないため、管理者などの高権限ユーザーに対して使用される可能性のあるReflected Cross-Site Scriptingが発生します。 6.1 CVE
2024-03-05 03:00:05.053438
CVE-2023-6986 EmbedPress - Embed PDF, YouTube, Google Docs, Vimeo, Wistia Videos, Audios, Maps & Any Documents in Gutenberg & Elementor plugin for WordPress には、3.9.5 (exclusive) までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが指定した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインの embed_oembed_html ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-03-05 03:00:05.052806
CVE-2023-6981 WP SMS - Messaging & SMS Notification for WordPress, WooCommerce, GravityForms, etc plugin for WordPress には、6.5 までのすべてのバージョンにおいて、'group_id' パラメータを経由した SQL インジェクションの脆弱性があります。 これにより、投稿者レベル以上のアクセス権を持つ、認証された攻撃者は、データベースから機密情報を抽出するために使用可能な、追加のSQLクエリを既存のクエリに追加することが可能になります。これを利用して、リフレクト・クロスサイト・スクリプティングを実現することができます。 4.9 CVE
2024-03-05 03:00:05.052125
CVE-2023-6980 WP SMS - Messaging & SMS Notification for WordPress, WooCommerce, GravityForms, etc plugin for WordPress には、6.5 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、wp-sms-subscribers ページの 'delete' アクションにおける nonce 検証の欠落または不正確さが原因です。このため、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者を騙すことができ、偽造されたリクエストによって購読者を削除することが可能です。 4.3 CVE
2024-03-05 03:00:05.051360
CVE-2023-6600 OMGF|GDPR/DSGVO 準拠、Google Fonts の高速化。Easy.プラグインは、5.7.9までのすべてのバージョンにおいて、admin_init経由でフックされるupdate_settings()関数の機能チェックが欠落しているため、データの不正な変更および保存されたクロスサイトスクリプティングの脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者がプラグインの設定を更新することが可能となり、クロスサイトスクリプティングのペイロードを注入したり、ディレクトリ全体を削除したりするために使用される可能性があります。いくつかのパッチが試みられましたが、私たちは5.7.10が最も十分なパッチであると考えています。 5.4 CVE
2024-03-05 03:00:05.050724
CVE-2023-6524 WordPress 用 MapPress Maps for WordPress プラグインは、2.88.13 までのすべてのバージョンにおいて、入 力サニタイズと出力エスケープが不十分なため、マップタイトルパラメータを介した Stored クロスサイトスクリプティングの脆弱性があります。これにより、コントリビュータ以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-03-05 03:00:05.050132
CVE-2023-7027 POST SMTP Mailer - Email log, Delivery Failure Notifications and Best Mail SMTP for WordPress plugin for WordPress には、2.8.7 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'device' ヘッダを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-03-05 03:00:05.049457
CVE-2023-6629 POST SMTP Mailer - Email log, Delivery Failure Notifications and Best Mail SMTP for WordPress plugin for WordPress は、2.8.6 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'msg' パラメータを経由した Reflected Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようユーザーをうまく騙すことができれば、実行するページに任意のウェブスクリプトを注入することが可能になります。 6.1 CVE
2024-03-05 03:00:05.048775
CVE-2015-10128 WordPressの1.2までのrt-prettyphotoプラグインに脆弱性が発見され、問題があると分類されました。この問題の影響を受けるのは、ファイル rt-prettyphoto.php の royal_prettyphoto_plugin_links 関数です。この操作はクロスサイトスクリプティングにつながります。攻撃はリモートから行われる可能性があります。バージョン 1.3 にアップグレードすることで、この問題に対処できます。修正パッチは 0d3d38cfa487481b66869e4212df1cefc281ecb7 です。影響を受けるコンポーネントをアップグレードすることを推奨します。VDB-249422 は、この脆弱性に割り当てられた識別子です。 6.1 CVE
2024-03-05 03:00:05.048051
CVE-2023-6485 2.5.19より前のHtml5 Video Player WordPressプラグインは、プレーヤーの設定の一部をサニタイズおよびエスケープしていません。このため、プラグイン周辺の機能チェックが欠落しており、購読者などの認証済みユーザーであれば、管理者などの高権限ユーザーに対して、ストアド・クロスサイト・スクリプティング攻撃を実行できる可能性があります。 5.4 CVE
2024-03-05 03:00:05.047440
CVE-2023-6421 3.2.83より前のDownload Manager WordPressプラグインは、ファイルダウンロードのパスワードを保護せず、無効なパスワードを受信すると漏えいします。 7.5 CVE
2024-03-05 03:00:05.046869
CVE-2023-6271 1.3.6以前のBackup Migration WordPressプラグインは、進行中のバックアップ情報を見つけやすく、一般にアクセス可能なファイルに保存するため、それらを監視する攻撃者がサイトのバックアップから機密情報を漏えいさせる可能性があります。 7.5 CVE
2024-03-05 03:00:05.046145
CVE-2023-6113 3.1.3以前のWP STAGING WordPress Backup Pluginと5.1.3以前のWP STAGING Pro WordPress Backup Pluginは、進行中のバックアッププロセスに関する重要な情報の漏えいを防止していないため、認証されていない攻撃者が後で当該バックアップをダウンロードすることができます。 7.5 CVE
2024-03-05 03:00:05.045426
CVE-2023-6064 2.2.12以前のPayHere Payment Gateway WordPressプラグインは、トランザクションが発生すると、機密情報を含む一般にアクセス可能なログファイルを自動的に作成します。 7.5 CVE
2024-03-05 03:00:05.044869
CVE-2023-6037 11.9以前のWP TripAdvisor Review Slider WordPressプラグインは、その設定の一部をサニタイズおよびエスケープしないため、unfiltered_html機能が許可されていない場合でも、管理者のような高権限ユーザーがストアドクロスサイトスクリプティング攻撃を実行できる可能性があります。 4.8 CVE
2024-03-05 03:00:05.044291
CVE-2023-6000 4.2.3以前のPopup Builder WordPressプラグインは、単純な訪問者が既存のポップアップを更新し、生のJavaScriptを注入することを防止しません。 6.1 CVE
2024-03-05 03:00:05.043668
CVE-2023-5877 3.4.3より前のaffiliate-toolkit WordPressプラグインは、affiliate-toolkit-starter/tools/atkp_imagereceiver.phpエンドポイントへのリクエストに対する認証と認可を欠いており、認証されていない訪問者がRFC1918のプライベートアドレスを含む任意のURLへのリクエストを行うことを許可し、サーバーサイドリクエストフォージェリ(SSRF)の問題を引き起こします。 9.8 CVE
2024-03-05 03:00:05.043007
CVE-2023-51547 この問題は、Fluent Support - WordPress Helpdesk and Customer Support Ticket Plugin: n/a から 1.7.6 に影響します。 7.2 CVE
2024-03-05 03:00:05.042271
CVE-2023-52185 この問題は、Everestthemes Everest Backup - WordPress Cloud Backup, Migration, Restore & Cloning Plugin: n/a から 2.1.9 までのバージョンに存在する、Everest Backup - WordPress Cloud Backup, Migration, Restore & Cloning Plugin に影響します。 7.5 CVE
2024-03-05 03:00:05.041397
CVE-2023-52134 Eyal Fitoussi GEO my WordPress における SQL コマンドで使用される特殊要素の不適切な中和(「SQL インジェクション」)の脆弱性この問題は、n/a から 4.0.2 までの GEO my WordPress に影響します。 7.2 CVE
2024-03-05 03:00:05.040771
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] (1454)

セキュリティ情報は https://nvd.nist.gov/ の情報を元に提供しております。

Copyright © 2022 frame and surface.