WordPressに関連するセキュリティ情報をお知らせしてます

見つかったセキュリティ上の問題は、日々修正されています。プラグインやテーマのこまめなアップデートが、セキュリティ対策として不可欠です。

アップデートなんて面倒、誰かに任せたいと思ったら "プリケアWP" のご利用を!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] (1981)
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
CVE-2024-1088 WordPress 用の WooCommerce プラグイン Password Protected Store には、REST API を介した Sensitive Information Exposure の脆弱性が、1.9 までのすべてのバージョンに存在します。これにより、認証されていない攻撃者が投稿タイトルやコンテンツを含む機密データを抽出することが可能になります。 5.3 CVE
2024-05-22 09:00:08.431539
CVE-2024-0825 Vimeography:Vimeography: Vimeo Video Gallery WordPress Plugin プラグインは、2.3.2 までのすべてのバージョンにおいて、 duplicate_gallery 関数内の vimeography_duplicate_gallery_serialized を介した信頼できない入力のデシリアライズにより、 PHP オブジェクトインジェクションの脆弱性があります。これにより、contributor アクセス以上の認証済みの攻撃者が PHP Object を注入することが可能となります。脆弱なプラグインには POP チェーンが存在しません。対象のシステムにインストールされている追加のプラグインやテーマを通じて POP チェーンが存在する場合、攻撃者に任意のファイルの削除や機密データの取得、コードの実行を許してしまう可能性があります。 8.8 CVE
2024-05-22 09:00:08.430862
CVE-2024-0698 WordPress 用 Easy!Appointments プラグインは、1.3.1 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインのショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-05-22 09:00:08.430231
CVE-2024-1398 WordPress 用 Elementor プラグイン Ultimate Bootstrap Elements には、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、1.3.6 までのすべてのバージョンにおいて、'heading_title_tag' および 'heading_sub_title_tag' パラメータを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-05-22 09:00:08.429548
CVE-2024-1449 WordPress 用の Master Slider - Responsive Touch Slider プラグインは、3.9.5 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズとユーザが提供した属性の出力エスケープが不十分なため、プラグインの ms_slide ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-05-22 09:00:08.428950
CVE-2024-0611 WordPress 用 Master Slider - Responsive Touch Slider プラグインは、3.9.5 までのすべてのバージョンにおいて、スライドコールバック機能を介した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、エディタレベルのアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。この問題は、マルチサイト・インストールおよびunfiltered_htmlが無効化されているインストールにのみ影響します。 4.4 CVE
2024-05-22 09:00:08.428286
CVE-2023-6326 WordPress 用 Master Slider - Responsive Touch Slider プラグインは、3.9.3 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、'process_bulk_action' 関数の nonce バリデーションが欠落しているか、正しくないことが原因です。このため、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者を騙すことができる偽造リクエストによって、任意のスライダーを複製または削除することが可能です。 5.4 CVE
2024-05-22 09:00:08.427583
CVE-2024-0378 AIエンジン:チャットボット、ジェネレーター、アシスタント、GPT 4 and more! WordPress 用プラグインは、2.2.0 までのすべてのバージョンでディスカッションのトラッキングが有効になっている場合、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、AI チャットデータを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.5 CVE
2024-05-22 09:00:08.426774
CVE-2024-1775 WordPress 用 Nextend Social Login and Register プラグインは、3.1.12 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'error_description' パラメータを介したセルフベースの反射型クロスサイトスクリプティングの脆弱性があります。このため、サブスクライバ・レベルのアカウントにアクセスできる認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようにユーザをだますことに成功した場合に実行される任意のウェブ・スクリプトをページに注入することが可能です。注意: この脆弱性は、脆弱な WordPress インスタンス上で、OAuth で事前認証された上位ユーザー(管理者など)に対して、クロスサイトリクエストフォージェリをソーシャルエンジニアリングのテクニックと組み合わせて活用することで、クリティカルインパクトのシナリオ(管理者レベルのアカウント作成に対するクロスサイトスクリプティング)を達成することに成功する可能性があります。ただし、悪用を成功させるには、プラグインの「グローバル設定」で「デバッグモード」を有効にする必要があります。 5.4 CVE
2024-05-22 09:00:08.425747
CVE-2024-1592 WordPress 用 Complianz - GDPR/CCPA Cookie Consent プラグインは、6.5.6 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、class-DNSMPD.php の process_delete 関数における nonce 検証の欠落または不正確さが原因です。これにより、認証されていない攻撃者が、サイト管理者を騙してリンクをクリックするなどのアクションを実行させることができる偽造リクエストを使用して、GDPRデータリクエストを削除することが可能になります。 4.3 CVE
2024-05-22 09:00:08.425116
CVE-2024-1120 NextMove Lite - Thank You Page for WooCommerce および Finale Lite - Sales Countdown Timer & Discount for WooCommerce プラグインは、2.17.0 までのすべてのバージョンにおいて、download_tools_settings() 関数の機能チェックが欠落しているため、データへの不正アクセスの脆弱性があります。このため、認証されていない攻撃者が、攻撃者を支援するシステム情報をエクスポートすることが可能です。 5.3 CVE
2024-05-22 09:00:08.424467
CVE-2024-1859 WordPress 用 Slider Responsive Slideshow - 画像スライダー、ギャラリースライドショープラグインは、1.3.8 までのすべてのバージョンにおいて、awl_slider_responsive_shortcode 関数への信頼できない入力のデシリアライズを経由した PHP オブジェクトインジェクションの脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のアクセス権を持つ、 認証された攻撃者が PHP オブジェクトをインジェクションすることが可能となります。脆弱なプラグインには既知の POP チェーンは存在しません。もし POP チェーンがターゲットシステムにインストールされた追加のプラグインやテーマ経由で存在すると、 攻撃者に任意のファイルを削除させたり、機密データを取得させたり、コードを実行させたりする可能性があります。 8.8 CVE
2024-05-22 09:00:08.423852
CVE-2024-25594 この問題は、n/a から 1.6 までの MyWaze に影響します。 6.5 CVE
2024-05-22 09:00:08.423192
CVE-2024-1982 WordPress 用 Migration, Backup, Staging - WPvivid プラグインは、0.9.68 までのすべてのバージョンにおいて、get_restore_progress() および restore() 関数の機能チェックが欠落しているため、不正アクセスの脆弱性があります。このため、認証されていない攻撃者が SQL インジェクションの脆弱性を悪用したり、DoS を誘発したりする可能性があります。 6.5 CVE
2024-05-22 09:00:08.422560
CVE-2024-1981 WordPress 用 Migration, Backup, Staging - WPvivid プラグインは、バージョン 0.9.68 において、ユーザが提供するパラメータのエスケープが不十分であり、既存の SQL クエリの準備が十分でないため、'table_prefix' パラメータ経由で SQL インジェクションを受ける脆弱性があります。 このため、認証されていない攻撃者は、データベースから機密情報を抽出するために使用可能な追加の SQL クエリを、既に存在するクエリに追加することが可能です。 9.8 CVE
2024-05-22 09:00:08.421887
CVE-2024-1978 WordPress 用 Friends プラグインは、2.8.5 までのすべてのバージョンにおいて、discover_available_feeds 関数を経由した Server-Side Request Forgery の脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上のアクセス権を持つ認証された攻撃者が、ウェブアプリケーションを起点とした任意の場所へのウェブリクエストを行うことが可能となり、内部サービスからの情報の問い合わせや変更に利用される可能性があります。 5.5 CVE
2024-05-22 09:00:08.421302
CVE-2024-1977 WordPress 用の Restaurant Solutions - Checklist プラグインは、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、バージョン 1.0.0 の Checklist ポイントを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、管理者レベルのアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。この問題は、マルチサイトのインストールおよび unfiltered_html が無効になっているインストールにのみ影響します。 4.4 CVE
2024-05-22 09:00:08.420660
CVE-2024-1976 WordPress 用の Marketing Optimizer プラグインは、20200925 までのすべてのバージョンにおいて、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性があります。これは、admin/main-settings-page.php ファイルを介した nonce 検証の欠落または不正確さに起因します。これにより、認証されていない攻撃者がプラグインの設定を更新し、リンクをクリックするなどのアクションをサイト管理者に実行させるために、偽造されたリクエストを介して悪意のあるJavaScriptを注入することが可能になります。 4.3 CVE
2024-05-22 09:00:08.419976
CVE-2024-1341 WordPress 用 Advanced iFrame プラグインは、2024.1 までのすべてのバージョンにおいて、additional_js 属性を通して外部ソースからの JS ファイルをインクルードすることを許可しているため、プラグインの advanced_iframe ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 4.9 CVE
2024-05-22 09:00:08.419346
CVE-2024-1468 7.11.4までのすべてのバージョンにおいて、ajax_import_options()関数にファイルタイプ検証の不備があり、任意のファイルをアップロードされる脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、影響を受けるサイトのサーバー上に任意のファイルをアップロードすることが可能となり、リモートでコードを実行される可能性があります。 8.8 CVE
2024-05-22 09:00:08.418739
CVE-2024-0689 WordPress 用 Custom Field Suite プラグインは、2.6.4 までのすべてのバージョンにおいて、meta 値の入力サニタイズと出力エスケープが不十分なため、meta インポートを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。この問題は、マルチサイトのインストールおよび unfiltered_html が無効になっているインストールにのみ影響します。 4.4 CVE
2024-05-22 09:00:08.418127
CVE-2024-1586 Schema & Structured Data for WP & AMP plugin for WordPress には、1.26 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、カスタムスキーマを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、認証された攻撃者は、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。デフォルトでは、要求される認証レベルは admin ですが、管理者は役割ベースのアクセスを subscriber 以下のユーザに割り当てることができます。 6.4 CVE
2024-05-22 09:00:08.417505
CVE-2024-1570 WordPress 用の有料メンバーシッププラグイン、E コマース、ユーザー登録フォーム、ログインフォーム、ユーザープロファイル & コンテンツの制限 - ProfilePress プラグインは、4.14.4 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザーから提供された属性の入力サニタイズと出力エスケープが不十分なため、プラグインの login-password ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-05-22 09:00:08.416895
CVE-2024-1519 WordPress 用の有料会員登録プラグイン、E コマース、ユーザー登録フォーム、ログインフォーム、ユーザープロファイル & コンテンツの制限 - ProfilePress プラグインは、4.14.4 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'name' パラメータを経由した保存型クロスサイトスクリプティングの脆弱性があります。このため、認証されていない攻撃者が任意のウェブ・スクリプトをページに注入することが可能で、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。この問題は、メンバーリストページがアクティブで、Gerberaテーマを使用している必要があります。 6.5 CVE
2024-05-22 09:00:08.416276
CVE-2024-1496 WordPress 用の Featured Image from URL (FIFU) プラグインは、4.6.2 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、fifu_input_url パラメータを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、コントリビューター以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-05-22 09:00:08.415642
CVE-2024-1492 WordPress 用 WPify Woo Czech プラグインは、4.0.8 までのすべてのバージョンにおいて、maybe_send_to_packeta 関数の機能チェックが欠落しているため、データへの不正アクセスの脆弱性があります。このため、注文番号がわかっている限り、認証されていない攻撃者が注文の配送詳細を取得することが可能です。 5.3 CVE
2024-05-22 09:00:08.415035
CVE-2024-1475 WordPress 用の Coming Soon Maintenance Mode プラグインは、1.0.5 までのすべてのバージョンにおいて、REST API を経由した Sensitive Information Exposure の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が投稿やページのコンテンツを取得し、プラグインが提供する保護をバイパスすることが可能になります。 5.3 CVE
2024-05-22 09:00:08.414428
CVE-2024-1472 WordPress 用 WP Maintenance プラグインは、6.1.6 までのすべてのバージョンにおいて、REST API 経由での情報漏えいの脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者がプラグインのメンテナンスモードをバイパスして REST API 経由で投稿やページのコンテンツを取得することが可能になります。 5.3 CVE
2024-05-22 09:00:08.413726
CVE-2024-1448 WordPress 用のソーシャル共有プラグイン - Sassy Social Share プラグインは、3.3.56 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインのショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-05-22 09:00:08.413074
CVE-2024-1447 WordPress 用プラグイン Sydney Toolbox には、1.25 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供したリンクに対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインの aThemes Slider ボタン要素を経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者は、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行される任意のWebスクリプトをページに注入することが可能になります。 6.4 CVE
2024-05-22 09:00:08.412469
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] (1981)

セキュリティ情報は https://nvd.nist.gov/ の情報を元に提供しております。

Copyright © 2022 frame and surface.