WordPressに関連するセキュリティ情報をお知らせしてます

見つかったセキュリティ上の問題は、日々修正されています。プラグインやテーマのこまめなアップデートが、セキュリティ対策として不可欠です。

アップデートなんて面倒、誰かに任せたいと思ったら "プリケアWP" のご利用を!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
CVE-2023-7070 WordPress 用の Email Encoder - Protect Email Addresses and Phone Numbers プラグインは、2.1.9 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインの eeb_mailto ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.133172
CVE-2023-7048 WordPress 用 My Sticky Bar プラグインには、2.6.6 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、mystickymenu-contact-leads.php の nonce 検証の欠落または不正確さによるものです。このため、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者をだますことができる偽造リクエストを使用して、コンタクトリードを含むCSVファイルのエクスポートをトリガーすることが可能です。CSV ファイルは公開された場所にエクスポートされるため、エクスポート機能によって自動的に削除されるまでのごく短時間の間にダウンロードされる可能性があります。 4.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.132497
CVE-2023-7019 WordPress 用 LightStart - Maintenance Mode, Coming Soon and Landing Page Builder プラグインは、2.6.8 までのすべてのバージョンにおいて、insert_template 関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。このため、サブスクライバレベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、ページのデザインを変更することが可能です。 4.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.131886
CVE-2023-6994 WordPress 用 List category posts プラグインは、0.89.3 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインの 'catlist' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.131240
CVE-2023-6990 Weaver Xtreme の WordPress 用テーマには、6.3.0 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供したメタデータ (ページヘッドコード) の入力サニタイズと出力エスケープが不十分なため、カスタム投稿メタデータを経由した保存型クロスサイトスクリプティングの脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.130686
CVE-2023-6988 WordPress 用 Colibri Page Builder プラグインは、1.0.239 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインの extend_builder_render_js ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.130074
CVE-2023-6979 WordPress 用 WooCommerce プラグイン Customer Reviews には、5.38.9 までのすべてのバージョンにおいて、ivole_import_upload_csv AJAX アクションのファイルタイプ検証の欠落により、任意のファイルをアップロードされる脆弱性があります。これにより、作者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、影響を受けるサイトのサーバー上に任意のファイルをアップロードすることが可能となり、リモートでコードを実行される可能性があります。 8.8 CVE
2024-04-16 09:00:04.129488
CVE-2023-6934 WordPress 用の Limit Login Attempts Reloaded プラグインは、2.25.26 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインのショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.128893
CVE-2023-6924 WordPress 用 Photo Gallery by 10Web プラグインは、1.8.18 までのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、ウィジェットを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。また、ページビルダー・プラグインの投稿者レベルの権限でも悪用可能です。 4.8 CVE
2024-04-16 09:00:04.128340
CVE-2023-6882 WordPress 用 Simple Membership プラグインは、4.3.8 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'environment_mode' パラメータを経由した Reflected Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようユーザーをうまく騙すことができれば、実行されるページに任意のウェブスクリプトを注入することが可能になります。 6.1 CVE
2024-04-16 09:00:04.127813
CVE-2023-6875 POST SMTP Mailer - Email log, Delivery Failure Notifications and Best Mail SMTP for WordPress plugin for WordPress には、2.8.7 までのすべてのバージョンにおいて、connect-app REST エンドポイントにおける型変換の問題により、データへの不正アクセスやデータの改ざんの脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が、メーラーへの認証に使用された API キーをリセットし、パスワードリセットメールを含むログを閲覧することが可能となり、サイトの乗っ取りが可能となります。 9.8 CVE
2024-04-16 09:00:04.126745
CVE-2023-6855 WordPress 用の Paid Memberships Pro - Content Restriction, User Registration, & Paid Subscriptions プラグインは、2.12.5 (含む) までのすべてのバージョンにおいて、pmpro_rest_api_get_permissions_check 関数の機能チェックが正しく実装されていないため、プラグインによって作成された会員レベルが不正に変更される脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が価格を含む会員レベルを変更することが可能になります。 5.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.126136
CVE-2023-6828 WordPress 用コンタクトフォーム、アンケート、ポップアップフォームプラグイン - ARForms Form Builder プラグインは、1.5.8 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、' arf_http_referrer_url' パラメータを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者は、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.1 CVE
2024-04-16 09:00:04.125558
CVE-2023-6782 AMP for WP - Accelerated Mobile Pages plugin for WordPress は、1.0.92 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインのショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.124925
CVE-2023-6781 WordPress 用 Orbit Fox by ThemeIsle プラグインは、2.10.26 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した値に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインのカスタムフィールドを介した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.124349
CVE-2023-6776 WordPress 用 3D FlipBook プラグインは、1.15.2 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'Ready Function' フィールドを介した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のアクセス権を持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.123762
CVE-2023-6751 WordPress 用 Hostinger プラグインは、1.9.7 までのすべてのバージョンにおいて、関数 publish_website の機能チェックが欠落しているため、プラグイン設定を不正に更新される脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者がメンテナンスモードを有効/無効にすることが可能になります。 6.5 CVE
2024-04-16 09:00:04.123161
CVE-2023-6742 The Gallery Plugin for WordPress - Envira Photo Gallery plugin for WordPress は、1.8.7.1 までのすべてのバージョンにおいて、'envira_gallery_insert_images' 関数の機能チェックが不適切なため、データを不正に変更される脆弱性があります。これにより、投稿者以上のアクセス権を持つ認証された攻撃者が、他のユーザの投稿のギャラリーを変更することが可能になります。 4.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.122579
CVE-2023-6737 WordPress 用 Enable Media Replace プラグインは、4.1.4 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、SHORTPIXEL_DEBUG パラメータを経由した Reflected Cross-Site Scripting の脆弱性があります。このため、認証されていない攻撃者は、ユーザーを騙してリンクをクリックさせるなどのアクションを実行させることに成功した場合、ページ内に任意のウェブ・スクリプトを注入して実行することが可能です。この脆弱性を悪用するには、攻撃者が攻撃対象のユーザーによってアップロードされた添付ファイルの ID を知っている必要があります。 6.1 CVE
2024-04-16 09:00:04.121896
CVE-2023-6684 Ibtana - WordPress Website Builder プラグインは、1.2.2 までのバージョンにおいて、'width' および 'height' 属性の入力サニタイズと出力エスケープが不十分なため、'ive' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.121135
CVE-2023-6645 WordPress 用プラグイン Post Grid Combo - 36+ Gutenberg Blocks は、2.2.64 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、カスタム JS パラメータを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、コントリビュータ以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.120496
CVE-2023-6638 WordPress 用の GTG Product Feed for Shopping プラグインは、1.2.4 までのバージョンにおいて、'update_settings' 関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者がプラグインの設定を更新することが可能になります。 5.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.119861
CVE-2023-6637 CAOS | Host Google Analytics Locally plugin for WordPress は、4.7.14 までのバージョンにおいて、'update_settings' 関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者がプラグインの設定を更新することが可能になります。 5.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.119283
CVE-2023-6636 Greenshift - animation and page builder blocks plugin for WordPress は、7.6.2 までのバージョンにおいて、 'gspb_save_files' 関数のファイルタイプ検証の欠落により、 任意のファイルをアップロードされる脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上の権限を持つ攻撃者が、影響を受けるサイトのサーバ上に任意のファイルをアップロードすることが可能となり、リモートでコードを実行される可能性があります。 7.2 CVE
2024-04-16 09:00:04.118698
CVE-2023-6634 WordPress 用 LearnPress プラグインは、4.2.5.7 までのすべてのバージョンにおいて、get_content 関数を経由したコマンドインジェクションの脆弱性があります。これは、プラグインがユーザー入力で call_user_func 関数を使用するためです。これにより、認証されていない攻撃者は、1つのパラメータを持つ任意のパブリック関数を実行することが可能となり、リモートでコードが実行される可能性があります。 9.8 CVE
2024-04-16 09:00:04.118112
CVE-2023-6632 WordPress用ElementorプラグインHappy Addonsには、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、3.9.1.1までのすべてのバージョン(Happy Addons for Elementor Proでは2.9.1.1までのバージョン)において、DOM経由のReflected Cross-Site Scriptingの脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションをユーザーに実行させることに成功した場合に実行される任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になります。 6.1 CVE
2024-04-16 09:00:04.117568
CVE-2023-6624 WordPress 用の Import and export users and customers プラグインは、1.24.3 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインのショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.116997
CVE-2023-6598 WordPress 用 SpeedyCache プラグインは、1.1.3 までのすべてのバージョンにおいて、 speedycache_save_varniship、 speedycache_img_update_settings、 speedycache_preloading_add_settings、 speedycache_preloading_delete_resource 関数の機能チェックが欠落しているため、 データが不正に変更される脆弱性があります。これにより、サブスクライバレベル以上のアクセス権を持つ、認証された攻撃者がプラグインオプションを更新することが可能になります。 4.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.116400
CVE-2023-6583 WordPress 用の Import and export users and customers plugin には、1.24.2 までのすべてのバージョンにおいて、Recurring Import 機能を経由した Directory Traversal の脆弱性があります。これにより、管理者以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、機密情報を含む可能性のある wp-config.php を含む、サーバ上の任意のファイルの内容を読み取り、削除することが可能になります。 7.2 CVE
2024-04-16 09:00:04.115822
CVE-2023-6582 WordPress 用 Elementor アドオンプラグイン ElementsKit には、ekit_widgetarea_content 関数を介した、3.0.3 までのすべてのバージョンにおける、機密情報漏洩の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が、下書き状態、非公開状態、レビュー保留状態の投稿のうち、一般公開されていないはずの投稿の内容を取得することが可能になります。これは Elementor で作成された投稿にのみ適用されます。 5.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.115243
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)

セキュリティ情報は https://nvd.nist.gov/ の情報を元に提供しております。

Copyright © 2022 frame and surface.