WordPressに関連するセキュリティ情報をお知らせしてます

見つかったセキュリティ上の問題は、日々修正されています。プラグインやテーマのこまめなアップデートが、セキュリティ対策として不可欠です。

アップデートなんて面倒、誰かに任せたいと思ったら "プリケアWP" のご利用を!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
CVE-2019-14796 mq-woocommerce-products-price-bulk-edit (aka Woocommerce Products Price Bulk Edit) plugin 2.0 for WordPress では、wp-admin/admin-ajax.php?action=update_options show_products_page_limit parameter を介して XSS を許す。 5.4 CVE
2023-03-20 09:00:05.677129
CVE-2021-24800 DW Question & Answer Pro WordPress プラグイン 1.3.4 では、編集するコメントがリクエストしたユーザーのものであることを確認せず、どのユーザーでも他のコメントを編集できるようにしています。 4.3 CVE
2023-03-19 23:00:04.649745
CVE-2021-25102 All In One WP Security & Firewall WordPress プラグイン 4.4.11 以前では、ログインページの名前を変更する機能が有効な場合、Location ヘッダーまたは meta url 属性を使用してユーザーをリダイレクトする前に redirect_to パラメータを検証、サニタイズ、エスケープしていないため、クロスサイトスクリプト問題や任意のリダイレクトにつながる可能性があります。この問題を利用するには、ログインページのURLの値を知っている必要があり、その値を推測することは困難であるため、リスクは軽減されます。 4.7 CVE
2023-03-19 09:00:06.952314
CVE-2021-23209 AMP for WP - Accelerated Mobile Pages WordPress プラグイン (バージョン <= 1.0.77.32) に、複数の認証済み (admin ユーザーの役割) 持続的クロスサイトスクリプティング (XSS) 脆弱性が発見されました。 4.8 CVE
2023-03-19 03:00:04.709960
CVE-2021-24315 2.10.4 以前の GiveWP は、Stripe Checkout Setting の Background Image フィールドと Email settings の Logo フィールドをサニタイズまたはエスケープしていないため、認証済み(admin+)の Stored XSS 問題が発生しました。 4.8 CVE
2023-03-18 23:00:04.874732
CVE-2021-23174 WordPress プラグイン Download Monitor (バージョン <= 4.4.6) に認証済み (admin+) 持続的クロスサイトスクリプティング (XSS) の脆弱性が発見されました Vulnerable parameters: &post_title, &downloadable_file_version[0]. 4.8 CVE
2023-03-18 09:00:05.552467
CVE-2021-24444 3.0.7.2 以前の TaxoPress - Create and Manage Taxonomies, Tags, Categories WordPress プラグインは、タクソノミーの説明フィールドをサニタイズしていないため、高権限ユーザーが unfiltered_html 機能を許可されていない場合でも JavaScript ペイロードを設定でき、認証済みの Stored Cross-Site Scripting 問題が発生する可能性があります。 4.8 CVE
2023-03-18 03:00:05.157568
CVE-2020-9371 WordPress の 1.3.35 以前の Appointment Booking Calendar プラグインに Stored XSS が存在します。cpabc_appointments.php ファイルにおいて、Calendar Name の入力により、攻撃者は任意の JavaScript または HTML を注入することができます。 4.8 CVE
2023-03-17 09:00:05.583963
CVE-2021-24653 1.8.9 以前の Cookie Bar WordPress プラグインは、Cookie Bar Message の設定を適切にサニタイズしていないため、unfiltered_html 機能が許可されていない場合でも、高権限のユーザーがクロスサイトスクリプティング攻撃を行うことができる可能性があります。 4.8 CVE
2023-03-17 03:00:05.968375
CVE-2021-25049 1.4.4 以前の Mobile Events Manager WordPress プラグインは、設定のサニタイズとエスケープを行っていないため、unfiltered_html 機能が許可されていない場合でも、高権限のユーザーがクロスサイトスクリプティング攻撃を行うことが可能です。 4.8 CVE
2023-03-16 23:00:04.723194
CVE-2021-25088 4.1.3 以前の XML Sitemaps WordPress プラグインは、Debug ページに出力する前に設定をサニタイズおよびエスケープしないため、unfiltered_html 機能が禁止されている場合でも、高権限のユーザーがクロスサイトスクリプティング攻撃を実行できる場合があります(マルチサイト設定時など)。 4.8 CVE
2023-03-16 09:00:08.081830
CVE-2021-24485 5.9.110 以前の Special Text Boxes WordPress プラグインは、設定の一部をサニタイズまたはエスケープしていないため、unfiltered_html が許可されていない場合でも、高権限のユーザーがクロスサイトスクリプティング攻撃を実行できる可能性があります。 4.8 CVE
2023-03-16 03:00:05.942237
CVE-2022-0209 1.11以前のMitsol Social Post Feed WordPressプラグインは、属性で出力する前に設定の一部をエスケープしないため、unfiltered_html機能が禁止されている場合でも、adminなどの高権限ユーザーがクロスサイトスクリプティング攻撃を行うことができる可能性があります。 4.8 CVE
2023-03-15 09:00:06.881813
CVE-2019-19306 WordPress 用 Zoho CRM Lead Magnet プラグイン 1.6.9.1 は、モジュール、EditShortcode、LayoutName を経由した XSS を許可します。 5.4 CVE
2023-03-14 09:00:05.429820
CVE-2016-10953 WordPress 3.8.9 以前の Headway テーマには、ライセンスキー欄を経由した XSS が存在します。 5.4 CVE
2023-03-14 03:00:04.734805
CVE-2020-4048 影響を受けるバージョンの WordPress では、wp_validate_redirect() および URL のサニタイズに問題があり、任意の外部リンクをクリックすると意図しない/開いたリダイレクトになるように細工することができます。この問題は、バージョン 5.4.2 で修正され、マイナーリリースを通じて以前に影響を受けたすべてのバージョン (5.3.4, 5.2.7, 5.1.6, 5.0.10, 4.9.15, 4.8.14, 4.7.18, 4.6.19, 4.5.22, 4.4.23, 4.3.24, 4.2.28, 4.1.31, 4.0.31, 3.9.32, 3.8.34, 3.7.34) でも修正されています。 5.7 CVE
2023-03-14 03:00:04.730577
CVE-2019-14948 WordPress 用 18.4 以前の woocommerce-product-addon プラグインには、新しいメタデータ構造のインポートを経由した XSS が存在します。 5.4 CVE
2023-03-13 09:00:06.311019
CVE-2016-10872 WordPress 用 1.3.40 以前の ultimate-member プラグインは、ログインフォームに XSS があります。 6.1 CVE
2023-03-13 09:00:06.303547
CVE-2015-9304 WordPress 用 1.3.18 以前の ultimate-member プラグインには、テキスト入力を経由する XSS があります。 6.1 CVE
2023-03-13 09:00:06.302816
CVE-2019-14680 WordPress 用プラグイン 3.2.1 の admin-renamer-extended (別名 Admin renamer extended) では、wp-admin/plugins.php?page=admin-renamer-extended/admin.php の CSRF が許可されています。 5.7 CVE
2023-03-13 09:00:06.299993
CVE-2019-14683 WordPress 1.14.2.2 以前の codection "Import users from CSV with meta" プラグインは wp-admin/admin-ajax.php?action=acui_delete_attachment CSRF を許可しています。 5.7 CVE
2023-03-13 09:00:06.299361
CVE-2019-14774 WordPress 用プラグイン woo-variation-swatches (aka Variation Swatches for WooCommerce) 1.0.61 は、wp-admin/admin.php?page=woo-variation-swatches-settings タブパラメータを介して XSS を可能にします。 6.1 CVE
2023-03-13 09:00:06.298701
CVE-2019-14787 WordPress 4.6.19 以前の Tribulant Newsletters プラグインでは、wp-admin/admin-ajax.php?action=newsletters_load_new_editor contentarea パラメータを介して XSS を許可しています。 5.4 CVE
2023-03-13 09:00:06.297999
CVE-2019-14799 WordPress 用 7.3.14.727 以前の FV Flowplayer Video Player プラグインは、メール購読 XSS を可能にします。 6.1 CVE
2023-03-13 09:00:06.294289
CVE-2019-16117 WordPress 用 1.5.35 以前の photo-gallery (10Web Photo Gallery) プラグインに admin/models/Galleries.php を経由するクロスサイトスクリプティング (XSS) が存在します。 6.1 CVE
2023-03-11 03:00:07.089520
CVE-2018-21012 WordPress 用 1.3.2 以前の cf7-invisible-recaptcha プラグインに XSS があります。 6.1 CVE
2023-03-10 23:00:07.222841
CVE-2019-16118 WordPress 用 1.5.35 以前の photo-gallery (10Web Photo Gallery) プラグインに admin/controllers/Options.php を経由したクロスサイトスクリプティング (XSS) が存在します。 6.1 CVE
2023-03-06 09:00:07.518420
CVE-2021-24388 1.1.7以前のVikRentCarレンタカー管理システムWordPressプラグインでは、我々はユーザーが注文を保存する前に入力する必要がありますすべてのフィールドを管理することができますによって、カスタムファイルドオプションがあります。しかし、フィールド名はページに出力される前にサニタイズまたはエスケープされないため、保存されたクロスサイトスクリプティングの問題が発生します。また、設定を保存する前に CSRF チェックが行われないため、攻撃者はログインした管理者に任意のカスタムフィールドを設定させることができ、その中には XSS ペイロードが含まれるものもあります。 5.4 CVE
2023-02-28 23:00:08.315912
CVE-2021-24434 1.3.2 までの Glass WordPress プラグインは、ページ内に出力する前に「Glass Pages」設定をサニタイズまたはエスケープしないため、保存型クロスサイトスクリプティングの問題が発生します。さらに、このプラグインは、設定を保存する際に CSRF チェックを行わないため、CSRF 攻撃によってこの問題を悪用される可能性があります。 6.1 CVE
2023-02-28 09:00:06.368330
CVE-2021-23150 AMP for WP - Accelerated Mobile Pages プラグイン <= 1.0.77.31 バージョンに認証された (admin+) 保存型クロスサイトスクリプティング (XSS) 脆弱性が発見されました。 4.8 CVE
2023-02-24 09:00:07.685324
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)

セキュリティ情報は https://nvd.nist.gov/ の情報を元に提供しております。

Copyright © 2022 frame and surface.