WordPressに関連するセキュリティ情報をお知らせしてます

見つかったセキュリティ上の問題は、日々修正されています。プラグインやテーマのこまめなアップデートが、セキュリティ対策として不可欠です。

アップデートなんて面倒、誰かに任せたいと思ったら "プリケアWP" のご利用を!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
CVE-2023-6567 WordPress 用 LearnPress プラグインは、4.2.5.7 までのすべてのバージョンにおいて、'order_by' パラメータを経由した時間ベースの SQL インジェクションの脆弱性があります。 これにより、認証されていない攻撃者は、データベースから機密情報を抽出するために使用可能な追加のSQLクエリを、すでに存在するクエリに追加することが可能になります。 7.5 CVE
2024-04-16 09:00:04.114667
CVE-2023-6561 WordPress 用 Featured Image from URL (FIFU) プラグインは、4.5.3 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、特集画像の alt テキストを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のアクセス権を持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.114033
CVE-2023-6558 WordPress 用 Export and Import Users and Customers プラグインは、2.4.8 までのバージョンにおいて、'upload_import_file' 関数のファイルタイプ検証が不十分なため、任意のファイルをアップロードされる脆弱性があります。これにより、ショップマネージャーレベル以上の能力を持つ認証された攻撃者が、影響を受けるサイトのサーバー上に任意のファイルをアップロードすることが可能となり、リモートでコードを実行される可能性があります。 7.2 CVE
2024-04-16 09:00:04.113444
CVE-2023-6556 FOX - Currency Switcher Professional for WooCommerce plugin for WordPress は、1.4.1.5 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、通貨オプションを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、サブスクライバレベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.112852
CVE-2023-6504 WordPress 用プラグイン User Profile Builder - Beautiful User Registration Forms, User Profiles & User Role Editor には、3.10.7 までのすべてのバージョンにおいて wppb_toolbox_usermeta_handler 関数の機能チェックが欠落しているため、データへの不正アクセスの脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、ユーザーメタデータ内の機密情報を公開することが可能になります。 4.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.112142
CVE-2023-6496 WordPress 用 Manage Notification E-Mails プラグインは、1.8.5 までのすべてのバージョンにおいて、card_famne_export_settings 関数を経由する Missing Authorization の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者がプラグインの設定を取得することが可能になります。 5.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.111396
CVE-2023-6369 WordPress 用 Export WP Page to Static HTML/CSS プラグインは、2.1.9 までのすべてのバージョンにおいて、複数の AJAX アクションの機能チェックが欠落しているため、データへの不正アクセスやデータの改ざんの脆弱性があります。このため、サブスクライバレベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、機密情報を開示したり、プラグインの高度な設定を保存するなどの不正なアクションを実行したりする可能性があります。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.110658
CVE-2023-6316 WordPress 用プラグイン MW WP Form には、5.0.1 までのバージョンにおいて、'_single_file_upload' 関数のファイルタイプ検証が不十分なため、任意のファイルをアップロードされる脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が影響を受けるサイトのサーバ上に任意のファイルをアップロードすることが可能となり、リモートでコードを実行される可能性があります。 9.8 CVE
2024-04-16 09:00:04.109838
CVE-2023-6266 WordPress 用 Backup Migration プラグインは、1.3.6 までのすべてのバージョンにおいて、handle_downloading 関数の BMI_BACKUP ケースにおけるパスおよびファイルのバリデーションが不十分なため、データへの不正アクセスの脆弱性があります。このため、認証されていない攻撃者が、ユーザーパスワードや個人情報、データベース認証情報などの機密情報を含むバックアップファイルをダウンロードすることが可能です。 7.5 CVE
2024-04-16 09:00:04.109158
CVE-2023-6220 WordPress 用 Piotnet Forms プラグインは、1.0.26 までのバージョンにおいて、'piotnetforms_ajax_form_builder' 関数のファイルタイプ検証が不十分なため、任意のファイルをアップロードされる脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が、影響を受けるサイトのサーバ上に任意のファイルをアップロードすることが可能となり、リモートでコードを実行される可能性があります。 9.8 CVE
2024-04-16 09:00:04.108425
CVE-2023-5691 WordPress 用 Chatbot for WordPress プラグインは、バージョン 2.3.9 において、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、管理者設定を経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。この問題は、マルチサイトのインストールおよび unfiltered_html が無効になっているインストールにのみ影響します。 4.8 CVE
2024-04-16 09:00:04.107536
CVE-2023-5504 WordPress 用 BackWPup プラグインは、4.0.1 までのバージョンにおいて、ログファイルフォルダを経由したディレクトリトラバーサルの脆弱性があります。これにより、認証された攻撃者は、サーバから書き込み可能な任意のフォルダにバックアップを保存することができます。さらに、デフォルト設定では、最初のバックアップジョブが実行されるときに、ディレクトリのリストとファイルへのアクセスを防止するためのindex.phpと.htaccessファイルが選択されたディレクトリに置かれます(すでに存在する場合を除く)。つまり、攻撃者はバックアップディレクトリを共有環境の他のサイトのルートに設定し、そのサイトを無効にすることができます。 8.7 CVE
2024-04-16 09:00:04.106681
CVE-2023-4962 WordPress 用 Video PopUp プラグインは、1.1.3 までのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'video_popup' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.105858
CVE-2023-4960 WordPress 用 WCFM Marketplace プラグインは、3.6.2 までのバージョンにおいて、 ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、 'wcfm_stores' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.104743
CVE-2023-4372 WordPress 用 LiteSpeed Cache プラグインには、ユーザー提供属性に対する入力サニタイズと出力エスケープが不十分なため、5.6 までのバージョンにおいて、'esi' ショートコードを介した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性がある。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.103698
CVE-2023-4248 WordPress 用 GiveWP プラグインは、2.33.3 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは give_stripe_disconnect_connect_stripe_account 関数における nonce 検証の欠落または不正確さによるものです。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようにサイト管理者を騙ることができる偽造リクエストを使用して、プラグインのストライプ統合設定を無効にすることが可能になります。 4.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.102626
CVE-2023-4247 WordPress 用 GiveWP プラグインは、2.33.3 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは give_sendwp_disconnect 関数における nonce 検証の欠落または不正確さによるものです。このため、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者をだますことができる偽造リクエストを使用して、SendWP プラグインを無効にすることが可能になります。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.101896
CVE-2023-4246 WordPress 用 GiveWP プラグインは、2.33.3 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、give_sendwp_remote_install_handler 関数における nonce 検証の欠落または不正確さが原因です。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようにサイト管理者をだますことができる、偽造されたリクエストによってSendWPプラグインをインストールし、有効化することが可能になります。 4.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.100913
CVE-2023-6883 WordPress 用 Easy Social Feed プラグインは、6.5.2 までのすべてのバージョンにおいて、複数の AJAX 関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。これにより、購読者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、プラグインのFacebookとInstagramのアクセストークンを変更したり、グループIDを更新したりといった不正なアクションを実行することが可能になります。 4.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.100159
CVE-2023-6699 WordPress 用プラグイン WP Compress - Image Optimizer [All-In-One] には、6.10.33 までのすべてのバージョンにおいて、css パラメータを経由したディレクトリトラバーサルの脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者がサーバー上の任意のファイルの内容を読み取ることが可能となり、機密情報が含まれる可能性があります。 7.5 CVE
2024-04-16 09:00:04.099396
CVE-2023-6520 WP 2FA - Two-factor authentication for WordPress plugin for WordPress には、2.5.0 までのすべてのバージョンにおいて、Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、send_backup_codes_email 関数の nonce バリデーションが欠落しているか、正しくないことが原因です。これにより、認証されていない攻撃者は、サイト管理者や他の登録ユーザを騙してリンクをクリックするなどのアクションを実行させることができるように、偽造されたリクエストを経由して任意の内容のメールを登録ユーザに送信することが可能になります。nonceチェックは存在するが、nonceが設定されている場合にのみ実行される。リクエストから nonce を省略することで、チェックを回避することができる。 4.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.098577
CVE-2023-6506 WP 2FA - Two-factor authentication for WordPress plugin for WordPress には、2.5.0 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが制御するキーに関するバリデーションが欠落しているため、send_backup_codes_email を経由した Insecure Direct Object Reference の脆弱性があります。これにより、購読者レベルの攻撃者がサイト上の任意のユーザに電子メールを送ることが可能になります。 4.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.097791
CVE-2023-6446 WordPress 用 Calculated Fields Form プラグインは、1.2.40 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、管理者設定を経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。この問題は、マルチサイトのインストールおよび unfiltered_html が無効になっているインストールにのみ影響します。 4.8 CVE
2024-04-16 09:00:04.096854
CVE-2023-6223 WordPressのLearnPressプラグインは、/wp-json/lp/v1/profile/course-tab REST API経由の4.2.5.7までのすべてのバージョンにおいて、ユーザー制御キー'userID'のバリデーションが欠落しているため、Insecure Direct Object Referenceの脆弱性があります。これにより、サブスクライバレベル以上のアクセス権を持つ、認証された攻撃者が他のユーザのコース進捗の詳細を取得することが可能になります。 4.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.096075
CVE-2023-6630 WordPress 用 Contact Form 7 - Dynamic Text Extension プラグインは、4.1.0 までのすべてのバージョンにおいて、CF7_get_custom_field と CF7_get_current_user ショートコードに、ユーザが制御するキーのバリデーションが欠落しているため、Insecure Direct Object Reference の脆弱性があります。このため、contributor 以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、id による投稿とキーによる meta を参照することで、任意の投稿タイプのメタデータにアクセスすることが可能です。 4.3 CVE
2024-04-16 09:00:04.095367
CVE-2023-5448 WordPress 用 WP Register Profile With Shortcode プラグインは、3.5.9 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、update_password_validate 関数における nonce 検証の欠落または不正確さによるものです。これにより、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようにユーザーをだますことができる、偽造されたリクエストによってユーザーのパスワードをリセットすることが可能になります。 8.8 CVE
2024-04-16 09:00:04.094767
CVE-2023-6158 EventON - WordPress Virtual Event Calendar Plugin plugin for WordPress は、4.5.4 (Pro 版) および 2.2.7 (無料版) までのすべてのバージョンにおいて、evo_eventpost_update_meta 関数の機能チェックが欠落しているため、データの不正な変更およびデータ損失の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が任意の投稿メタデータを更新したり削除したりすることが可能になります。パラメータによっては、コンテンツインジェクションを許してしまう可能性があることに注意してください。 6.5 CVE
2024-04-16 09:00:04.094058
CVE-2023-6842 WordPress 用 Formidable Forms - Contact Form, Survey, Quiz, Payment, Calculator Form & Custom Form Builder プラグインは、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、6.7 (含む) までのすべてのバージョンにおいて、name フィールドラベルと description フィールドラベルパラメータを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、管理者レベルのアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されるページで任意のWebスクリプトを注入することが可能になります。デフォルトでは、これはマルチサイトのインストールとunfiltered_htmlが無効になっているインストールにのみ影響します。しかし、formidable の設定では、管理者がフォームの作成、削除、その他の管理権限を他のユーザタイプに拡張することができるため、適切な権限が与えられている限り、低レベルのユーザタイプでもこの脆弱性を悪用することが可能です。 4.8 CVE
2024-04-16 09:00:04.093058
CVE-2023-6830 WordPress 用 Formidable Forms プラグインには、6.7 までのバージョンにおいて HTML インジェクションの脆弱性があります。この脆弱性により、認証されていないユーザが任意の HTML コードをフォームフィールドに注入することが可能になります。フォームデータが管理者によって Entries View Page で閲覧されると、注入された HTML コードがレンダリングされ、管理エリアの改ざんや悪意のあるウェブサイトへのリダイレクトにつながる可能性があります。 6.1 CVE
2024-04-16 09:00:04.092372
CVE-2023-6788 WordPress 用 Metform Elementor Contact Form Builder プラグインは 3.8.1 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは contents 関数の nonce バリデーションが欠けているか、正しくないことに起因します。このため、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者を騙すことができる偽造リクエストを使用して、オプション "mf_hubsopt_token", "mf_hubsopt_refresh_token", "mf_hubsopt_token_type", "mf_hubsopt_expires_in" を更新することが可能です。これにより、攻撃者は自分の Hubspot アカウントを被害者サイトの metform に接続し、リードやコンタクトを取得することが可能になります。 5.4 CVE
2024-04-16 09:00:04.091492
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)

セキュリティ情報は https://nvd.nist.gov/ の情報を元に提供しております。

Copyright © 2022 frame and surface.