WordPressに関連するセキュリティ情報をお知らせしてます

見つかったセキュリティ上の問題は、日々修正されています。プラグインやテーマのこまめなアップデートが、セキュリティ対策として不可欠です。

アップデートなんて面倒、誰かに任せたいと思ったら "プリケアWP" のご利用を!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
CVE-2023-6035 2.3.4以前のEazyDocs WordPressプラグインは、AJAXアクションを経由してSQLステートメントで使用する前に、"data "パラメータを適切にサニタイズおよびエスケープしていません。 8.8 CVE
2024-03-20 09:00:04.780775
CVE-2023-5955 1.3.44 より前の Contact Form Email WordPress プラグインは設定の一部をサニタイズおよびエスケープしていません。このため、unfiltered_html 機能が許可されていない場合でも (例えばマルチサイト設定において)、管理者などの高権限ユーザが Stored Cross-Site Scripting 攻撃を行える可能性があります。 4.8 CVE
2024-03-20 09:00:04.780189
CVE-2023-5940 WP Not Login Hide (WPNLH) 1.0 までの WordPress プラグインは、その設定の一部をサニタイズおよびエスケープしていないため、unfiltered_html 機能が許可されていない場合 (マルチサイト設定など) でも、管理者などの高権限ユーザーが保存型クロスサイトスクリプティング攻撃を実行できる可能性があります。 4.8 CVE
2024-03-20 09:00:04.779543
CVE-2023-5757 2.1.8以前のWP Crowdfunding WordPressプラグインは、その設定の一部をサニタイズおよびエスケープしていないため、unfiltered_html機能が許可されていない場合でも、管理者のような高権限ユーザーがストアドクロスサイトスクリプティング攻撃を実行できる可能性があります(マルチサイト設定など)。 4.8 CVE
2024-03-20 09:00:04.778215
CVE-2023-5750 3.9.2以前のEmbedPress WordPressプラグインでは、特定のコンテンツを含むページにパラメータを出力する前に、パラメータをサニタイズおよびエスケープしていないため、管理者などの高権限ユーザーに対して使用される可能性のある、反射型クロスサイトスクリプティングが発生します。 6.1 CVE
2024-03-20 09:00:04.777439
CVE-2023-5749 3.9.2以前のEmbedPress WordPressプラグインは、ページに出力する前にユーザー入力をサニタイズおよびエスケープしないため、管理者などの高権限ユーザーに対して使用される可能性のある、反射型クロスサイトスクリプティングが発生します。 6.1 CVE
2024-03-20 09:00:04.774698
CVE-2023-2841 Advanced Local Pickup for WooCommerce for WordPress プラグインは、1.5.5 までのバージョンにおいて、id パラメータを経由した時間ベースの SQL インジェクションの脆弱性があります。 これにより、管理者レベルの権限を持つ認証済みの攻撃者が、データベースから機密情報を抽出するために使用可能な追加のSQLクエリを、すでに存在するクエリに追加することが可能になります。 7.2 CVE
2024-03-19 23:00:04.611074
CVE-2023-5860 WordPress 用 Icons Font Loader プラグインは、1.1.2 までのすべてのバージョンにおいて、アップロード機能におけるファイルタイプ検証の欠落により、任意のファイルをアップロードされる脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、影響を受けるサイトのサーバー上に任意のファイルをアップロードすることが可能となり、リモートでコードを実行される可能性があります。 7.2 CVE
2024-03-18 03:00:06.911605
CVE-2023-6120 WordPress 用の Welcart e-Commerce プラグインには、2.9.6 までのすべてのバージョンにおいて、upload_certificate_file 関数を介した Directory Traversal の脆弱性があります。これにより、管理者は .pem または .crt ファイルをサーバー上の任意の場所にアップロードすることが可能になります。 2.7 CVE
2024-03-18 03:00:06.751358
CVE-2023-5756 WordPress 用 Digital Publications by Supsystic プラグインは、1.7.6 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、AJAX アクションハンドラの nonce バリデーションが欠落しているか、正しくないことが原因です。これにより、認証されていない攻撃者が、サイト管理者を騙してリンクをクリックするなどのアクションを実行させることができる、偽造されたリクエストを経由して AJAX アクションを実行することが可能になります。 8.8 CVE
2024-03-18 03:00:06.747983
CVE-2023-5082 1.0.13より前のHistory Log by click5 WordPressプラグインは、SQL文で使用する前にパラメータを適切にサニタイズおよびエスケープしていないため、Smash Balloon Social Photo Feedプラグインを併用すると、管理者ユーザーにSQLインジェクションを悪用される可能性があります。 7.2 CVE
2024-03-17 23:00:04.480158
CVE-2023-6219 WordPress 用 BookingPress プラグインは、1.0.76 までのバージョンにおいて、'bookingpress_process_upload' 関数のファイル検証が不十分なため、任意のファイルをアップロードされる脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上の権限を持つ攻撃者が、影響を受けるサイトのサーバー上に任意のファイルをアップロードすることが可能となり、リモートでコードを実行される可能性があります。 7.2 CVE
2024-03-17 03:00:08.226845
CVE-2023-4971 Weaver Xtreme Theme Support WordPressプラグイン6.3.1より前のバージョンでは、インポートされたファイルの内容がシリアライズされないため、高い権限を持つユーザーが悪意のあるファイルをインポートし、適切なガジェットチェーンがブログ上に存在する場合、PHPオブジェクトインジェクションの問題につながる可能性があります。 7.2 CVE
2024-03-16 23:00:10.759788
CVE-2023-46823 Avirtum ImageLinks Interactive Image Builder for WordPress には、SQL コマンドで使用される特殊要素の不適切な中和(「SQL インジェクション」)の脆弱性があり、SQL インジェクションが可能です。この問題は、ImageLinks Interactive Image Builder for WordPress の n/a から 1.5.4 に影響します。 7.2 CVE
2024-03-16 09:00:04.192682
CVE-2023-47548 この問題は、Integrate Google Drive - Browse, Upload, Download, Embed, Play, Share, Gallery, and Manage Your Google Drive Files Into Your WordPress Site: n/a から 1.3.2 に影響します。 6.1 CVE
2024-03-16 09:00:04.060288
CVE-2023-48325 PluginOps Landing Page Builder - Lead Page - Optin Page - Squeeze Page - WordPress Landing Pagesにおける信頼できないサイトへのURLリダイレクト('Open Redirect')の脆弱性この問題は、Landing Page Builder - Lead Page - Optin Page - Squeeze Page - WordPress Landing Pages:n/aから1.5.1.5までに影響します。 6.1 CVE
2024-03-16 09:00:04.059594
CVE-2023-35909 この問題は Ninja Forms Contact Form - The Drag and Drop Form Builder for WordPress: n/a から 3.6.25 までのバージョンに影響します。 5.3 CVE
2024-03-16 09:00:04.058851
CVE-2023-35039 Be Devious Web Development Password Reset with Code for WordPress REST APIの脆弱性「過剰な認証試行の不適切な制限」は、認証の乱用を可能にします。この問題は、Password Reset with Code for WordPress REST API: n/a から 0.0.15 に影響します。 9.8 CVE
2024-03-16 09:00:04.058065
CVE-2023-41804 Brainstorm Force Starter Templates - Elementor, WordPress & Beaver Builder Templates にサーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)の脆弱性が存在します。この問題は、Starter Templates - Elementor, WordPress & Beaver Builder Templates: n/a から 3.2.4 までが対象です。 5.4 CVE
2024-03-16 09:00:04.055524
CVE-2023-32121 Highfivery LLC Zero Spam for WordPress における SQL コマンドで使用される特殊要素の不適切な中和(「SQL インジェクション」)の脆弱性により、SQL インジェクションが可能です。この問題は、Zero Spam for WordPress の n/a から 5.4.4 に影響します。 7.2 CVE
2024-03-15 23:00:04.287980
CVE-2023-5761 WordPress 用プラグイン Burst Statistics - Privacy-Friendly Analytics for WordPress は、バージョン 1.4.0 から 1.4.6.1 (無料) および 1.4.0 から 1.5.0 (プロ) において、ユーザが提供するパラメータのエスケープが不十分であり、既存の SQL クエリの準備が十分でないため、'url' パラメータを経由した SQL インジェクションの脆弱性があります。 これにより、認証されていない攻撃者は、データベースから機密情報を抽出するために使用可能な追加のSQLクエリを、すでに存在するクエリに追加することが可能になります。 7.5 CVE
2024-03-15 23:00:04.177906
CVE-2023-5714 WordPress 用 System Dashboard プラグインは、2.8.7 までのすべてのバージョンにおいて、AJAX アクション経由でフックされる sd_db_specs() 関数の機能チェックが欠けているため、データへの不正アクセスの脆弱性があります。これにより、サブスクライバ・レベル以上のアクセス権を持つ、認証された攻撃者がデータ・キー・スペックを取得することが可能になります。 4.3 CVE
2024-03-15 23:00:04.177291
CVE-2023-5713 WordPress 用 System Dashboard プラグインは、2.8.7 までのすべてのバージョンにおいて、 AJAX アクション経由でフックされる sd_option_value() 関数の機能チェックが欠落しているため、 データへの不正アクセスの脆弱性があります。これにより、サブスクライバ・レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、潜在的にセンシティブなオプション値を取得し、それらの値の内容をデシリアライズすることが可能になります。 4.3 CVE
2024-03-15 23:00:04.176687
CVE-2023-5712 WordPress 用 System Dashboard プラグインは、2.8.7 までのすべてのバージョンにおいて、AJAX アクション経由でフックされる sd_global_value() 関数の機能チェックが欠落しているため、データへの不正アクセスの脆弱性があります。これにより、購読者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、機密性の高いグローバル値情報を取得することが可能になります。 4.3 CVE
2024-03-15 23:00:04.176043
CVE-2023-5711 WordPress 用 System Dashboard プラグインは、2.8.7 までのすべてのバージョンにおいて、 AJAX アクション経由でフックされる sd_php_info() 関数の機能チェックが欠落しているため、 データへの不正アクセスの脆弱性があります。これにより、購読者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、 PHP info によって提供された機密情報を取得することが可能となります。 4.3 CVE
2024-03-15 23:00:04.175319
CVE-2023-5710 WordPress 用 System Dashboard プラグインは、2.8.7 までのすべてのバージョンにおいて、AJAX アクション経由でフックされる sd_constants() 関数の機能チェックが欠落しているため、データに不正アクセスされる脆弱性があります。これにより、購読者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、データベースの認証情報などの機密情報を取得することが可能になります。 4.3 CVE
2024-03-15 23:00:04.172516
CVE-2023-6527 WordPress 用 Email Subscription Popup プラグインは、1.2.18 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、HTTP_REFERER ヘッダを経由した Reflected Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようユーザーをうまく騙すことができれば、実行するページに任意のウェブスクリプトを注入することが可能になります。 6.1 CVE
2024-03-15 03:00:04.856411
CVE-2023-5108 Easy Newsletter Signups WordPress プラグイン 1.0.4 では、SQL 文でパラメータを使用する前に適切にサニタイズおよびエスケープを行っていないため、admin などの高権限ユーザーが悪用可能な SQL インジェクションが発生します。 7.2 CVE
2024-03-13 09:00:08.542465
CVE-2023-6063 1.2.2 より前の WP Fastest Cache WordPress プラグインでは、SQL 文でパラメータを使用する前に適切にサニタイズおよびエスケープが行われないため、認証されていないユーザーによって悪用される SQL インジェクションが発生します。 7.5 CVE
2024-03-13 09:00:08.433636
CVE-2023-5953 2.9.5より前のWelcart e-Commerce WordPressプラグインは、アップロードされるファイルの検証を行わず、またそのようなアップロードを処理するAJAXアクションに認証とCSRFを備えていません。その結果、購読者のような認証されたユーザーは、サーバー上の PHP のような任意のファイルをアップロードすることができます。 8.8 CVE
2024-03-13 09:00:08.431906
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)

セキュリティ情報は https://nvd.nist.gov/ の情報を元に提供しております。

Copyright © 2022 frame and surface.