WordPressに関連するセキュリティ情報をお知らせしてます

見つかったセキュリティ上の問題は、日々修正されています。プラグインやテーマのこまめなアップデートが、セキュリティ対策として不可欠です。

アップデートなんて面倒、誰かに任せたいと思ったら "プリケアWP" のご利用を!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
CVE-2023-5664 WordPress 用 Garden Gnome Package プラグインは、2.2.8 までのすべてのバージョンにおいて、 ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが 不十分なため、プラグインの 'ggpkg' ショートコードを経由した Stored クロスサイトスクリプティングの脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。この問題はバージョン 2.2.7 で部分的に修正され、バージョン 2.2.9 で完全に修正されました。 5.4 CVE
2024-03-01 09:00:14.355485
CVE-2023-5662 WordPress 用 Sponsors プラグインは、3.5.0 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズとユーザが提供した属性に対する出力のエスケープが不十分なため、プラグインの 'sponsors' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-03-01 09:00:14.354893
CVE-2023-5537 WordPress 用 Delete Usermeta プラグインは、1.1.2 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは delumet_options_page() 関数の nonce バリデーションが欠落しているためです。これにより、認証されていない攻撃者は、サイト管理者を騙してリンクをクリックするなどのアクションを実行させることができる偽造リクエストによって、任意のユーザのユーザメタを削除することが可能になります。 4.3 CVE
2024-03-01 09:00:14.354308
CVE-2023-5469 WordPress 用 Drop Shadow Boxes プラグインは、1.7.13 までのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'dropshadowbox' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-03-01 09:00:14.353699
CVE-2023-5466 WordPress 用 Wp anything slider プラグインは、9.1 までのバージョンにおいて、ユーザが提供するパラメータのエスケープが不十分であり、既存の SQL クエリの準備が十分でないため、プラグインのショートコードを経由した SQL インジェクションの脆弱性があります。これにより、サブスクライバレベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、データベースから機密情報を抽出するために使用可能な追加のSQLクエリを既存のクエリに追加することが可能になります。 8.8 CVE
2024-03-01 09:00:14.353051
CVE-2023-5465 WordPress 用の POPUP with fancybox プラグインは、3.5 までのバージョンにおいて、ユーザが提供するパラメータのエスケープが不十分で、既存の SQL クエリに十分な準備がないため、プラグインのショートコードを経由した SQL インジェクションの脆弱性があります。これにより、サブスクライバレベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、データベースから機密情報を抽出するために使用可能な追加のSQLクエリを、すでに存在するクエリに追加することが可能になります。 8.8 CVE
2024-03-01 09:00:14.352371
CVE-2023-5419 WordPress用Funnelforms Freeプラグインは、3.4までのバージョンにおいて、fnsf_af2_test_mail関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。これにより、購読者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のメールアドレスにテストメールを送信することが可能になります。 4.3 CVE
2024-03-01 09:00:14.351746
CVE-2023-5417 WordPress用Funnelforms Freeプラグインは、3.4までのバージョンにおいて、fnsf_update_category関数の機能チェックが欠落しているため、不正にデータを変更される脆弱性があります。このため、購読者レベル以上のパーミッションを持つ認証済みの攻撃者が、指定された投稿IDのFunnelformsカテゴリーを変更することが可能です。 4.3 CVE
2024-03-01 09:00:14.351153
CVE-2023-5416 WordPress用Funnelforms Freeプラグインは、3.4までのバージョンにおいて、fnsf_delete_category関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。このため、購読者レベル以上の権限を持つ、認証された攻撃者がカテゴリを削除することが可能です。 4.3 CVE
2024-03-01 09:00:14.350511
CVE-2023-5415 WordPress用Funnelforms Freeプラグインは、3.4までのバージョンにおいて、fnsf_add_category関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。このため、購読者レベル以上の権限を持つ、認証された攻撃者が新しいカテゴリを追加することが可能です。 4.3 CVE
2024-03-01 09:00:14.349837
CVE-2023-5411 WordPress用Funnelforms Freeプラグインは、3.4までのバージョンにおいて、fnsf_af2_save_post関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。このため、購読者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、特定の投稿の値を変更することが可能です。なお、wp_update_post関数に渡される値は固定されているため、修正できる範囲は限られています。 4.3 CVE
2024-03-01 09:00:14.348967
CVE-2023-5387 WordPress用Funnelforms Freeプラグインは、3.4までのバージョンにおいてfnsf_af2_trigger_dark_mode関数のケイパビリティチェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。これにより、サブスクライバレベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、ダークモードプラグインの設定を有効または無効にすることが可能になります。 4.3 CVE
2024-03-01 09:00:14.348357
CVE-2023-5386 WordPress用Funnelforms Freeプラグインは、3.4までのバージョンにおいて、fnsf_delete_posts関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。これにより、購読者レベル以上のパーミッションを持つ認証済みの攻撃者が、管理者投稿やFunnelforms Freeプラグインに関係のない投稿を含む任意の投稿を削除することが可能です。 4.3 CVE
2024-03-01 09:00:14.347669
CVE-2023-5385 WordPress用Funnelforms Freeプラグインは、3.4までのバージョンにおいて、fnsf_copy_posts関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。このため、購読者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意の投稿のコピーを作成することが可能です。 4.3 CVE
2024-03-01 09:00:14.347043
CVE-2023-5383 WordPress用Funnelforms Freeプラグインは、3.4までのバージョンにおいてクロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性があります。これは、fnsf_copy_posts 関数の nonce バリデーションが欠落しているか、正しくないことが原因です。このため、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者をだますことができる偽造リクエストによって、任意の投稿のコピーを作成することが可能です。 4.3 CVE
2024-03-01 09:00:14.346417
CVE-2023-5382 WordPress用Funnelforms Freeプラグインは、3.4までのバージョンにおいてクロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性があります。これは、fnsf_delete_posts 関数の nonce バリデーションが欠落しているか、正しくないことが原因です。このため、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者をだますことができ、付与された偽造リクエストによって任意の投稿を削除することが可能です。 4.3 CVE
2024-03-01 09:00:14.345826
CVE-2023-5338 WordPress 用 Theme Blvd Shortcodes プラグインは、1.6.8 までのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-03-01 09:00:14.345151
CVE-2023-5314 WordPress 用 WP EXtra プラグインは、6.2 までのバージョンにおいて register() 関数の 'test-email' セクションの機能チェックが欠落しているため、制限された機能への不正アクセスの脆弱性があります。これにより、購読者のような最小限の権限を持つ認証された攻撃者が、影響を受けるサイトのメールサーバーから任意の場所に任意の内容のメールを送信することが可能になります。 4.3 CVE
2024-03-01 09:00:14.344450
CVE-2023-5234 WordPress 用 WooCommerce プラグイン Related Products for WooCommerce には、3.3.15 までのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'woo-related' ショートコードを介した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-03-01 09:00:14.343817
CVE-2023-5163 WordPress 用 Weather Atlas Widget プラグインは、1.2.1 までのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'shortcode-weather-atlas' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-03-01 09:00:14.343089
CVE-2023-5128 WordPress 用 TCD Google Maps プラグインは、1.8 までのバージョンにおいて、 ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、 'map' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-03-01 09:00:14.342466
CVE-2023-5096 WordPress 用の HTML フィルタおよび csv ファイル検索プラグインは、2.7 までのバージョンにおいて、 ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、 プラグインの 'csvsearch' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-03-01 09:00:14.341819
CVE-2023-5048 WordPress 用 WDContactFormBuilder プラグインは、1.0.72 までのバージョンにおいて、'Contact_Form_Builder' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-03-01 09:00:14.341124
CVE-2023-4726 WordPress 用 Ultimate Dashboard プラグインには、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、3.7.7 までのバージョンにおいて、管理者設定を経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。この問題は、マルチサイトのインストールおよび unfiltered_html が無効になっているインストールにのみ影響します。 4.8 CVE
2024-03-01 09:00:14.340273
CVE-2023-4686 WordPress 用 WP Customer Reviews プラグインは、3.6.6 までのバージョンにおいて、ajax_enabled_posts 関数を経由した機密情報暴露の脆弱性があります。これにより、認証された攻撃者は、ギャラリーなどの他の投稿タイプに加えて、保護された投稿やゴミ箱に入れられた投稿やページを含む、投稿タイトルやスラッグなどの機密データを抽出することができます。 4.3 CVE
2024-03-01 09:00:14.339647
CVE-2023-2497 WordPress 用 UserPro プラグインは、5.1.0 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、'import_settings' 関数の nonce バリデーションが欠落しているか、正しくないことが原因です。これにより、認証されていない攻撃者は、偽造されたリクエストを経由して、 ユーザが提供したパラメータに unserialize() を使用することによる PHP オブジェクトインジェクションを悪用し、 サイト管理者を騙してリンクをクリックするなどのアクションを実行させることが可能となります。 8.8 CVE
2024-03-01 09:00:14.338409
CVE-2023-2449 WordPress 用 UserPro プラグインは、5.1.1 までのバージョンにおいて、不正なパスワードリセットに対して脆弱です。これは、プラグインがネイティブのパスワードリセット機能を使用しており、パスワードリセット関数(userpro_process_form)のバリデーションが不十分であることが原因です。この関数はハッシュ化された値ではなく、パスワード・リセット・キーのプレーンテキスト値を使用するため、パスワード・リセット・キーは簡単に取得され、その後に使用される可能性があります。攻撃者は、CVE-2023-2448 や CVE-2023-2446 を利用したり、サイトにインストールされている別のプラグインやテーマの SQL インジェクションなどの別の脆弱性を利用して、この脆弱性を悪用することができます。 9.8 CVE
2024-03-01 09:00:14.337736
CVE-2023-2448 WordPress 用 UserPro プラグインは、5.1.4 までのバージョンにおいて、'userpro_shortcode_template' 関数の機能チェックが欠落しているため、データへの不正アクセスの脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が任意のショートコードを実行できるようになります。攻撃者は CVE-2023-2446 を利用して、ショートコード経由で機密情報を取得することができます。 5.3 CVE
2024-03-01 09:00:14.337035
CVE-2023-2440 WordPress 用 UserPro プラグインには、5.1.1 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、'admin_page'、'userpro_verify_user'、'verifyUnverifyAllUsers'関数におけるnonce検証の欠落によるものです。これにより、認証されていない攻撃者が検証済みユーザのロールを変更し、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようにサイト管理者をだますことができる偽造リクエストを使用して、検証済みユーザの権限を「管理者」などの任意のユーザに昇格させることが可能になります。 8.8 CVE
2024-03-01 09:00:14.336377
CVE-2023-2438 WordPress 用 UserPro プラグインには、5.1.0 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、'userpro_save_userdata'関数のnonceバリデーションが欠落しているか、正しくないことが原因です。これにより、認証されていない攻撃者がユーザー・メタを更新し、偽造リクエストを介して悪意のあるJavaScriptを注入することが可能になり、サイト管理者を騙してリンクをクリックするなどのアクションを実行させることができます。 6.1 CVE
2024-03-01 09:00:14.335614
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)

セキュリティ情報は https://nvd.nist.gov/ の情報を元に提供しております。

Copyright © 2022 frame and surface.