WordPressに関連するセキュリティ情報をお知らせしてます

見つかったセキュリティ上の問題は、日々修正されています。プラグインやテーマのこまめなアップデートが、セキュリティ対策として不可欠です。

アップデートなんて面倒、誰かに任せたいと思ったら "プリケアWP" のご利用を!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] (2701)
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
CVE-2024-2326 WordPress 用プラグイン Pretty Links - Affiliate Links, Link Branding, Link Tracking & Marketing Plugin には、3.6.3 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、プラグインの設定を保存する際の nonce バリデーションが欠けているか、正しくないことが原因です。このため、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者をだますことができる偽造リクエストを使用して、ストライプ統合を含むプラグインの設定を変更することが可能になります。 4.3 CVE
2024-06-30 23:00:48.468194
CVE-2024-1049 WordPress 用の Page Builder Gutenberg Blocks - CoBlocks プラグインは、3.1.6 までのすべてのバージョンにおいて、リンク値の入力サニタイズと出力エスケープが不十分なため、プラグインのアイコンウィジェットを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-30 23:00:48.467178
CVE-2024-2688 EmbedPress - Embed PDF, Google Docs, Vimeo, Wistia, Embed YouTube Videos, Audios, Maps & Embed Any Documents in Gutenberg & Elementor plugin for WordPress には、3.9.12 までのすべてのバージョンにおいて、EmbedPress ドキュメントウィジェットを経由した保存型クロスサイトスクリプティングの脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-06-30 23:00:48.466038
CVE-2024-2468 EmbedPress - Embed PDF, Google Docs, Vimeo, Wistia, Embed YouTube Videos, Audios, Maps & Embed Any Documents in Gutenberg & Elementor plugin for WordPress には、3.9.12 までのすべてのバージョンにおいて、EmbedPress ウィジェットの 'embedpress_pro_twitch_theme ' 属性を経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-30 23:00:48.464784
CVE-2024-2202 WordPress 用 Page Builder by SiteOrigin プラグインには、2.29.6 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、レガシー画像ウィジェットを経由した保存型クロスサイトスクリプティングの脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-30 23:00:48.463454
CVE-2024-2131 WordPress 用の Move Addons for Elementor プラグインには、1.2.9 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインのインフォボックスとボタンウィジェットを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-30 23:00:48.462474
CVE-2024-2025 BuddyPress WooCommerce My Account Integration.Create WooCommerce Member Pages" プラグインは、3.4.20 までのすべてのバージョンにおいて、 get_simple_request 関数で信頼できない入力をデシリアライズすることによる PHP オブジェクトインジェクションの脆弱性があります。これにより、購読者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が PHP オブジェクトをインジェクションすることが可能となります。ターゲットシステムにインストールされた追加のプラグインやテーマを経由して POP チェーンが存在する場合、攻撃者に任意のファイルの削除や機密データの取得、コードの実行を許してしまう可能性があります。 8.8 CVE
2024-06-30 23:00:48.460876
CVE-2024-1697 WordPress 用 Custom WooCommerce Checkout Fields Editor プラグインは、1.3.1 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、save_wcfe_options 関数を経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、サブスクライバ・レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブ・スクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-30 23:00:47.864153
CVE-2024-2500 WordPress 用 ColorMag テーマは、3.1.6 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、ユーザの表示名を経由した保存型クロスサイトスクリプティングの脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-29 23:00:33.121313
CVE-2024-2392 WordPress 用 Blocksy Companion プラグインは、2.0.31 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザーから提供された属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分であるため、プラグインの Newsletter ウィジェットを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.5 CVE
2024-06-29 23:00:33.120636
CVE-2024-2080 LiquidPoll - Polls, Surveys, NPS and Feedback Reviews plugin for WordPress は、3.3.76 までのすべてのバージョンにおいて、 poller_list ショートコードを経由した機密情報暴露の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、非公開である可能性のある情報を投票から抽出することが可能になります。 4.3 CVE
2024-06-29 23:00:33.119860
CVE-2024-0957 WooCommerce PDF Invoices, Packing Slips, Delivery Notes and Shipping Labels plugin for WordPress は、4.4.1 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、Customer Notes フィールドを介した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。このため、認証されていない攻撃者が任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能で、ユーザーが注入された送り状にアクセスして印刷するたびに実行されます。 6.1 CVE
2024-06-29 23:00:33.117262
CVE-2024-1538 WordPress 用 File Manager プラグインは、7.2.4 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、'lang' パラメータを通してファイルをインクルードする wp_file_manager ページにおいて、nonce バリデーションが欠落しているか、不正確であることが原因です。これにより、認証されていない攻撃者がローカルの JavaScript ファイルをインクルードすることが可能となり、サイト管理者を騙してリンクをクリックするなどのアクションを実行させることができます。この問題はバージョン 7.2.4 で部分的に修正され、7.2.5 で完全に修正されました。 8.8 CVE
2024-06-29 03:01:09.668823
CVE-2024-1503 Tutor LMS - WordPress 用の e ラーニングおよびオンラインコースソリューションプラグインは、2.6.1 までのすべてのバージョンにおいて、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性があります。これは、erase_tutor_data() 関数の nonce 検証の欠落または不正確さが原因です。これにより、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようにサイト管理者をだますことができるように付与された偽造リクエストを介して、プラグインを非アクティブにし、すべてのデータを消去することが可能になります。これには、"Erase upon uninstallation" オプションを有効にする必要があります。 4.3 CVE
2024-06-28 23:00:29.921689
CVE-2024-1502 Tutor LMS - eLearning and online course solution plugin for WordPress は、2.6.1 までのすべてのバージョンにおいて、tutor_delete_announcement() 関数の機能チェックが欠落しているため、不正なデータ損失の脆弱性があります。このため、購読者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意の投稿を削除することが可能です。 5.4 CVE
2024-06-28 23:00:29.920914
CVE-2024-1450 WordPress 用 Shariff Wrapper プラグインは、4.6.10 までの全てのバージョンにおいて、'align' のようなユーザが提供する属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインの 'shariff' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-28 23:00:29.920308
CVE-2024-1326 WordPress 用 Jeg Elementor Kit プラグインは、2.6.2 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、HTML タグ属性を介した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-28 23:00:29.919647
CVE-2024-1278 WordPress 用 Easy Social Feed - Social Photos Gallery - Post Feed - Like Box プラグインは、6.5.4 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズとユーザが提供した属性の出力エスケープが不十分なため、プラグインの 'efb_likebox' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-28 23:00:29.918821
CVE-2024-1214 WordPress 用 Easy Social Feed - Social Photos Gallery - Post Feed - Like Box プラグインは、6.5.4 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、save_groups_list 関数における nonce バリデーションの欠落または不正確さによるものです。このため、認証されていない攻撃者は、サイト管理者を騙してリンクをクリックするなどのアクションを実行させることができる偽造リクエストを経由して、サイトのフェイスブックやインスタグラムのページ/グループ接続を切断することが可能です。 4.3 CVE
2024-06-28 23:00:29.918050
CVE-2024-1213 WordPress 用 Easy Social Feed - Social Photos Gallery - Post Feed - Like Box プラグインは、6.5.4 までのすべてのバージョンにおいて、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性があります。これは esf_insta_save_access_token 関数と efbl_save_facebook_access_token 関数の nonce バリデーションが欠けているか、正しくないことが原因です。これにより、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようにサイト管理者をだますことができるように付与された偽造リクエストを経由して、自分のフェイスブックとインスタグラムのページをサイトに接続することが可能になります。 5.4 CVE
2024-06-28 23:00:29.917334
CVE-2024-0966 WordPress 用 Shariff Wrapper プラグインは、4.6.9 までの全てのバージョンにおいて、'info_text' のようなユーザが提供する属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインの 'shariff' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスし、情報アイコンをクリックするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-28 23:00:29.916607
CVE-2023-6500 WordPress 用 Shariff Wrapper プラグインは、4.6.9 までの全てのバージョンにおいて、'secondarycolor'や'maincolor'のようなユーザが提供する属性の入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインの'shariff'ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-28 23:00:29.913966
CVE-2024-2459 WordPress 用 UX Flat プラグインは、4.1 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインの 'button' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 7.4 CVE
2024-06-28 03:00:08.793164
CVE-2024-2304 WordPress 用の Animated Headline プラグインは、4.0 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズとユーザが提供した属性の出力エスケープが不十分なため、プラグインの 'animated-headline' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-28 03:00:08.792397
CVE-2024-2129 WordPress 用 WPBITS Addons For Elementor Page Builder プラグインは、1.3.4.2 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインの見出しウィジェットを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-28 03:00:08.791708
CVE-2024-1844 RevivePress - Keep your Old Content Evergreen plugin for WordPress は、1.5.6 までのすべてのバージョンにおいて、import_data 関数と copy_data 関数の機能チェックが欠落しているため、不正アクセスやデータの改ざんの可能性があります。このため、サブスクライバーレベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者がプラグインの設定を上書きし、閲覧することが可能です。 4.3 CVE
2024-06-28 03:00:08.790852
CVE-2024-1711 WordPress 用の Create by Mediavine プラグインには、1.9.4 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザーが提供したパラメータのエスケープが不十分であり、既存の SQL クエリの準備が十分でないため、「id」パラメータを介した SQL インジェクションの脆弱性があります。 これにより、認証されていない攻撃者は、データベースから機密情報を抽出するために使用可能な追加のSQLクエリを、すでに存在するクエリに追加することが可能になります。 9.8 CVE
2024-06-28 03:00:08.789949
CVE-2024-1477 WordPress 用 Easy Maintenance Mode プラグインは、1.4.2 までのすべてのバージョンにおいて、REST API 経由での機密情報漏洩の脆弱性があります。これにより、認証された攻撃者が REST API 経由で投稿やページのコンテンツを取得することが可能になり、プラグインが提供する保護をバイパスすることができます。 5.3 CVE
2024-06-28 03:00:08.789155
CVE-2024-1473 WordPress 用の Coming Soon & Maintenance Mode by Colorlib プラグインは、1.0.99 までのすべてのバージョンにおいて、REST API 経由での情報漏洩の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が REST API 経由で投稿やページの内容を取得することが可能となり、プラグインが提供するメンテナンスモード保護をバイパスすることができます。 5.3 CVE
2024-06-28 03:00:08.788471
CVE-2024-1379 WordPress 用の Web サイト記事収益化 MageNet プラグインは、1.0.11 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分で、認証チェックが欠落しているため、'abp_auth_key' パラメータを経由した保存型クロスサイトスクリプティングの脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が任意のウェブ・スクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.1 CVE
2024-06-28 03:00:08.787678
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] (2701)

セキュリティ情報は https://nvd.nist.gov/ の情報を元に提供しております。

Copyright © 2022 frame and surface.