WordPressに関連するセキュリティ情報をお知らせしてます

見つかったセキュリティ上の問題は、日々修正されています。プラグインやテーマのこまめなアップデートが、セキュリティ対策として不可欠です。

アップデートなんて面倒、誰かに任せたいと思ったら "プリケアWP" のご利用を!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
CVE-2023-2437 WordPress用UserProプラグインは、5.1.1までのバージョンにおいて、認証バイパスの脆弱性があります。これは、プラグインを介したFacebookログイン時に提供されるユーザーの検証が不十分なためです。このため、認証されていない攻撃者は、電子メールにアクセスできる場合、管理者などのサイトの既存ユーザーとしてログインすることが可能です。攻撃者は、CVE-2023-2448 と CVE-2023-2446 を利用してユーザのメールアドレスを取得し、この脆弱性を悪用することに成功します。 8.1 CVE
2024-03-01 09:00:14.333283
CVE-2023-2447 WordPress 用 UserPro プラグインには、5.1.1 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、'export_users' 関数の nonce バリデーションが欠けているか、正しくないことに起因します。これにより、認証されていない攻撃者がユーザーを csv ファイルにエクスポートすることが可能となり、サイト管理者を騙してリンクをクリックするなどのアクションを実行させることができます。 6.1 CVE
2024-03-01 03:00:07.234896
CVE-2023-5776 WordPress 用 Post Meta Data Manager プラグインには、1.2.1 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは pmdm_wp_ajax_delete_meta, pmdm_wp_delete_user_meta, pmdm_wp_delete_user_meta 関数の nonce バリデーションが欠落しているためです。これにより、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようにサイト管理者を騙すことができる偽造リクエストによって、任意のユーザ、ターム、投稿メタを削除することが可能になります。 8.8 CVE
2024-02-29 09:00:22.178195
CVE-2023-5414 WordPress 用 Icegram Express プラグインは、5.6.23 までのバージョンにおいて、show_es_logs 関数を経由したディレクトリトラバーサルの脆弱性があります。これにより、管理者レベルの攻撃者は、共有ホスティング環境などにおいて、他のサイトのものを含む機密情報を含む可能性のある、サーバー上の任意のファイルの内容を読み取ることができます。 7.2 CVE
2024-02-28 09:00:25.568855
CVE-2023-5799 2.0.8より前のWP Hotel Booking WordPressプラグインは、パッケージを削除する際に適切な権限を持たず、コントリビューター以上のロールが自分に属さない投稿を削除できる。 5.4 CVE
2024-02-28 09:00:25.467733
CVE-2023-5652 2.0.8より前のWP Hotel Booking WordPressプラグインは、認証とCSRFチェックを備えておらず、admin_initにフックされた関数のSQLステートメントで使用する前にユーザー入力をエスケープしないため、認証されていないユーザーによるSQLインジェクションが可能です。 9.8 CVE
2024-02-28 09:00:25.467185
CVE-2023-5651 2.0.8より前のWP Hotel Booking WordPressプラグインは、権限チェックとCSRFチェックを行っておらず、また削除されるパッケージがパッケージであることを保証していないため、購読者のような認証されたユーザーであれば、任意の投稿を削除することができます。 5.4 CVE
2024-02-28 09:00:25.466649
CVE-2023-5640 Article Analytics WordPress プラグインは、認証されていないユーザーが利用可能な AJAX アクションを介して SQL 文で使用する前に、パラメータを適切にサニタイズおよびエスケープしておらず、SQL インジェクションの脆弱性があります。 9.8 CVE
2024-02-28 09:00:25.466109
CVE-2023-5610 Seraphinite Accelerator 2.2.29以前のWordPressプラグインは、認証されたユーザーをリダイレクトするURLを検証しないため、任意のリダイレクトにつながる。 5.4 CVE
2024-02-28 09:00:25.465582
CVE-2023-5609 2.2.29より前のSeraphinite Accelerator WordPressプラグインは、ページ内にパラメータを出力する前に、パラメータをサニタイズおよびエスケープしないため、管理者などの高権限ユーザーに対して使用される可能性のある反射型クロスサイトスクリプティングが発生します。 6.1 CVE
2024-02-28 09:00:25.465017
CVE-2023-5509 2.6.5より前のmyStickymenu WordPressプラグインでは、一部のajax呼び出しが適切に認証されていないため、ログインしているユーザーであれば誰でもアクションを実行できてしまいます。 5.4 CVE
2024-02-28 09:00:25.464512
CVE-2023-5343 3.7.9以前のPopup box WordPressプラグインは、その設定の一部をサニタイズおよびエスケープしていないため、unfiltered_htmlが許可されていない場合でも、管理者などの高権限ユーザーがクロスサイトスクリプティング攻撃を実行できる可能性があります。 4.8 CVE
2024-02-28 09:00:25.463979
CVE-2023-5340 2.4.11以前のFive Star Restaurant Menu and Food Ordering WordPressプラグインは、認証されていないユーザーが利用可能なAJAXアクションを介してユーザー入力を非シリアライズし、適切なガジェットがブログ上に存在する場合にPHPオブジェクトインジェクションを実行できるようにします。 9.8 CVE
2024-02-28 09:00:25.463449
CVE-2023-5140 5.8.3より前のBonus for Woo WordPressプラグインは、ページに出力する前に一部のパラメータをサニタイズおよびエスケープしていないため、管理者などの高権限ユーザーに対して使用される可能性のあるReflected Cross-Site Scriptingが発生します。 6.1 CVE
2024-02-28 09:00:25.462920
CVE-2023-5119 Forminator WordPress プラグイン 1.27.0 より前のバージョンでは、フォーム送信設定の redirect-url フィールドが適切にサニタイズされないため、unfiltered_html 機能が許可されていない場合 (マルチサイト設定など) でも、管理者などの高権限ユーザーが任意のウェブスクリプトを注入できる可能性があります。 4.8 CVE
2024-02-28 09:00:25.462346
CVE-2023-4970 2.0.6までのPubyDoc WordPressプラグインは、その設定の一部をサニタイズおよびエスケープしていないため、unfiltered_htmlが許可されていない場合でも、管理者などの高権限ユーザーがクロスサイトスクリプティング攻撃を実行できる可能性があります。 4.8 CVE
2024-02-28 09:00:25.461749
CVE-2023-4808 3.7.3までのWP Post Popup WordPressプラグインは、入力の一部をサニタイズおよびエスケープしていないため、unfiltered_html機能が許可されていない場合でも、管理者のような高権限ユーザーがストアドクロスサイトスクリプティング攻撃を実行できる可能性があります(マルチサイト設定など)。 4.8 CVE
2024-02-28 09:00:25.461077
CVE-2023-4799 3.1.2以前のMagic Embeds WordPressプラグインは、ショートコードを埋め込むページ/投稿に出力する前に、ショートコード属性の一部を検証およびエスケープしていないため、投稿者ロール以上のユーザがStored Cross-Site Scripting攻撃を行う可能性があります。 5.4 CVE
2024-02-28 09:00:25.460476
CVE-2023-48300 埋め込み外部コンテンツの読み込みを防止する WordPress 用の `Embed Privacy` プラグインは、1.8.0 までのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、`embed_privacy_opt_out` ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。バージョン1.8.1にはこの問題に対するパッチが含まれています。 5.4 CVE
2024-02-28 09:00:25.459823
CVE-2023-6197 WordPress 用 Audio Merchant プラグインには、5.0.4 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、audio_merchant_save_settings 関数における nonce バリデーションの欠落または不正確さが原因です。これにより、認証されていない攻撃者がプラグインの設定を変更し、リンクをクリックするなどのアクションをサイト管理者に実行させるために、偽造されたリクエストを介して悪意のあるウェブスクリプトを注入することが可能になります。 5.4 CVE
2024-02-28 09:00:25.459184
CVE-2023-6196 WordPress 用 Audio Merchant プラグインには、5.0.4 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、関数 audio_merchant_add_audio_file における nonce 検証の欠落または不正確さに起因します。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者を騙すことができる、 偽装されたリクエストを経由して任意のファイルをアップロードすることが可能になります。 8.8 CVE
2024-02-28 09:00:25.456964
CVE-2023-4861 File Manager Pro WordPress プラグイン 1.8.1 より前のバージョンでは、マルチサイトインストールのような、そのようなユーザーがサーバーを完全に制御できないはずの環境であっても、管理者ユーザーが任意のファイルをアップロードできるようになっています。これはリモートでのコード実行につながります。 7.2 CVE
2024-02-27 23:00:07.030759
CVE-2023-4691 22.4 より前の WordPress Online Booking and Scheduling Plugin プラグインでは、SQL 文でパラメータを使用する前に適切にサニタイズおよびエスケープが行われないため、管理者などの高権限ユーザーが悪用可能な SQL インジェクションが発生します。 7.2 CVE
2024-02-27 09:00:20.280379
CVE-2023-3155 3.39 以前の WordPress Gallery Plugin プラグインには、`gallery_edit` 関数における入力パラメータの検証の欠如により、攻撃者がサーバー上の任意のリソースにアクセスすることを許す、任意のファイルの読み取りと削除の脆弱性があります。 7.2 CVE
2024-02-27 03:00:07.561107
CVE-2023-41129 この問題は Patreon WordPress の n/a から 1.8.6 までのバージョンに影響します。 8.8 CVE
2024-02-26 23:00:04.279794
CVE-2023-25985 この問題は、n/a から 8.2.5 までの WordPress Tooltips に影響します。 8.8 CVE
2024-02-26 23:00:04.276974
CVE-2023-3392 3.2.7以前のRead More & Accordion WordPressプラグインは、設定経由で提供されたユーザー入力をシリアライズしないため、適切なガジェットが存在する場合に、管理者などの高特権ユーザーがPHPオブジェクトインジェクションを実行できる可能性があります。 7.2 CVE
2024-02-26 09:00:18.011184
CVE-2023-47552 Labib Ahmed Image Hover Effects - WordPress Plugin にクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性。この問題は、Image Hover Effects - WordPress Plugin: n/a から 5.5 に影響します。 8.8 CVE
2024-02-26 09:00:17.899140
CVE-2023-6187 WordPress 用の Paid Memberships Pro プラグインは、2.12.3 までのバージョンにおいて、'pppro_paypalexpress_session_vars_for_user_fields' 関数のファイルタイプ検証が不十分なため、任意のファイルをアップロードされる脆弱性があります。これにより、サブスクライバ権限以上の認証された攻撃者が、影響を受けるサイトのサーバ上に任意のファイルをアップロードすることが可能となり、リモートでコードを実行される可能性があります。この問題は、2Checkout(バージョン2.6から非推奨)またはPayPal Expressが支払い方法として設定され、プロフィールでのみ表示され、設定に従ってチェックアウト時には表示されないカスタムユーザーフィールドが追加されている場合に悪用される可能性があります。 8.8 CVE
2024-02-25 23:00:04.355183
CVE-2023-4214 WordPress 用 AppPresser プラグインは、4.2.5 までのバージョンにおいて、不正なパスワードリセットに対して脆弱です。これは、プラグインが生成するリセットコードが弱すぎることと、パスワードリセットに使用されるコードに試行回数や時間制限がないことが原因です。 9.8 CVE
2024-02-25 23:00:04.352486
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)

セキュリティ情報は https://nvd.nist.gov/ の情報を元に提供しております。

Copyright © 2022 frame and surface.