WordPressに関連するセキュリティ情報をお知らせしてます

見つかったセキュリティ上の問題は、日々修正されています。プラグインやテーマのこまめなアップデートが、セキュリティ対策として不可欠です。

アップデートなんて面倒、誰かに任せたいと思ったら "プリケアWP" のご利用を!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
CVE-2023-45069 Total-Soft Video Gallery - Best WordPress YouTube Gallery Plugin に SQL インジェクションの脆弱性(SQL コマンドで使用される特殊要素の不適切な中和)が存在します。 9.8 CVE
2024-02-14 09:00:05.269933
CVE-2023-35911 Creative Solutions Contact Form Generator : Creative form builder for WordPress に SQL インジェクションの脆弱性(「SQL インジェクション」)が存在します。この問題は Contact Form Generator : Creative form builder for WordPress: n/a から 2.6.0 までのバージョンに影響します。 9.8 CVE
2024-02-14 09:00:05.267408
CVE-2023-5003 4.1.10以前のActive Directory Integration / LDAP Integration WordPressプラグインは、管理者がログをエクスポートしたい場合、機密性の高いLDAPログをバッファファイルに保存します。残念ながら、このログファイルは削除されることがなく、そのためのURLを知っているユーザーであれば誰でもアクセスできる状態になっています。 7.5 CVE
2024-02-13 03:00:04.856918
CVE-2023-3154 3.39 より前の WordPress Gallery Plugin プラグインは、`gallery_edit` 関数の入力パラメータ検証の欠落により PHAR Deserialization の脆弱性があり、攻撃者がサーバ上の任意のリソースにアクセスすることを許してしまう。 7.5 CVE
2024-02-12 23:00:04.596647
CVE-2023-35910 Nucleus_genius Quasar form free - Contact Form Builder for WordPress に SQL インジェクションの脆弱性(「SQL インジェクション」)が存在します。この問題は Quasar form free - Contact Form Builder for WordPress: n/a から 6.0 に影響します。 8.8 CVE
2024-02-11 23:00:03.897510
CVE-2023-36529 Favethemes Houzez - Real Estate WordPress Theme に SQL インジェクションの脆弱性(SQL コマンドで使用される特殊要素の不適切な中和)が存在します。 9.8 CVE
2024-02-11 09:00:08.496941
CVE-2023-5946 WordPress 用 Digirisk プラグインは、バージョン 6.0.0.0 において、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'current_group_id' パラメータを経由した Reflected Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようユーザーをうまく騙すことができれば、実行するページに任意のウェブスクリプトを注入することが可能になります。 6.1 CVE
2024-02-11 09:00:08.495756
CVE-2023-5945 WordPress 用 video carousel slider with lightbox プラグインは、バージョン 1.0 において Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、responsive_video_gallery_with_lightbox_video_management_func() 関数の nonce 検証の欠落または不正確さが原因です。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようにサイト管理者をだますことができる偽造リクエストを使用して、動画スライダーからホストされている動画を削除することが可能になります。 5.4 CVE
2024-02-11 09:00:08.495127
CVE-2023-5707 WordPress 用の SEO Slider プラグインは、1.1.0 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズとユーザが提供した属性の出力エスケープが不十分なため、プラグインの 'slider' ショートコードと投稿メタを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-02-11 09:00:08.494455
CVE-2023-26015 Chris Richardson 氏の MapPress Maps for WordPress mappress-google-maps-for-wordpress における SQL コマンドで使用される特殊要素の不適切な中和('SQL インジェクション')の脆弱性は、 SQL インジェクションを可能にします。 9.8 CVE
2024-02-11 09:00:08.493744
CVE-2023-3277 WordPress 用 MStore API プラグインは、Apple ログイン機能の不適切な実装により、4.10.7 までのバージョンにおいて、不正なアカウントアクセスおよび特権昇格の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者は、そのユーザの電子メールアドレスさえ知っていれば、どのユーザとしてもログインできてしまいます。開発者はまだパッチをリリースしていませんが、アップデートをリリースし続けており、私たちは30日前にこの問題をプラグインのチームにエスカレーションしました。 9.8 CVE
2024-02-11 09:00:08.490994
CVE-2023-5606 ChatBot for WordPress は、バージョン 4.8.6 から 4.9.6 において、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、FAQ Builder を経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。この脆弱性は、マルチサイトのインストールと、unfiltered_html が無効になっているインストールにのみ影響します。注意: この脆弱性は CVE-2023-4253 の再導入です。 4.8 CVE
2024-02-10 09:00:04.390532
CVE-2023-4386 WordPress 用プラグイン Essential Blocks には、4.2.0 までのバージョンにおいて、 get_posts 関数内で信頼できない入力をデシリアライズすることによる PHP オブジェクトインジェクションの脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が PHP オブジェクトを注入できてしまいます。脆弱なプラグインには POP チェーンは存在しません。対象のシステムにインストールされた追加のプラグインやテーマを通じて POP チェーンが存在する場合、攻撃者に任意のファイルの削除や機密データの取得、コードの実行を許してしまう可能性があります。 8.1 CVE
2024-02-08 09:00:10.260771
CVE-2023-36508 BestWebSoft Contact Form to DB by BestWebSoft - Messages Database Plugin For WordPress contact-form-to-db に SQL インジェクションの脆弱性(「SQL インジェクション」)が存在します。この問題は Contact Form to DB by BestWebSoft - Messages Database Plugin For WordPress: n/a から 1.7.1 に影響します。 9.8 CVE
2024-02-08 09:00:10.153883
CVE-2023-24410 Contact Form に SQL コマンドで使用される特殊要素の不適切な中和 ('SQL インジェクション') の脆弱性 - WPManageNinja LLC Contact Form Plugin - Fastest Contact Form Builder Plugin for WordPress by Fluent Forms fluentform allows SQL Injection.This issue affects Contact Form Plugin - Fastest Contact Form Builder Plugin for WordPress by Fluent Forms: n/a から 4.3.25. 9.8 CVE
2024-02-08 09:00:10.153239
CVE-2023-5519 3.2.0以前のEventPrime WordPressプラグインには、予約作成時のCSRFチェックがないため、攻撃者はCSRF攻撃によってログインしたユーザーに不要な予約を作成させることができます。 4.3 CVE
2024-02-08 09:00:10.152515
CVE-2023-5458 CITS Support svg, webp Media and TTF,OTF File Upload WordPress plugin before 3.0 は、アップロードされた SVG ファイルをサニタイズしないため、Author 以下のロールを持つユーザが XSS ペイロードを含む悪意のある SVG をアップロードできる可能性があります。 5.4 CVE
2024-02-08 09:00:10.148935
CVE-2023-5360 1.3.79以前のRoyal Elementor Addons and Templates WordPressプラグインは、アップロードされたファイルを適切に検証しないため、認証されていないユーザーがPHPなどの任意のファイルをアップロードし、RCEを達成できる可能性があります。 9.8 CVE
2024-02-08 09:00:10.148320
CVE-2023-5307 21.2.8.1以前のPhotos and Files Contest Gallery WordPressプラグインは、一部のパラメータをサニタイズおよびエスケープしていないため、認証されていないユーザーが特定のヘッダを介してクロスサイトスクリプティング攻撃を実行できる可能性があります。 6.1 CVE
2024-02-08 09:00:10.147616
CVE-2023-5243 3.5.2までのLogin Screen Manager WordPressプラグインは、その設定の一部をサニタイズおよびエスケープしていません。このため、unfiltered_html機能が許可されていない場合(マルチサイト設定など)でも、管理者などの高特権ユーザーにストアドクロスサイトスクリプティング攻撃を許してしまう可能性があります。 4.8 CVE
2024-02-08 09:00:10.146997
CVE-2023-5238 3.2.0以前のEventPrime WordPressプラグインは、パラメータをページに出力する前にサニタイズおよびエスケープを行わないため、ウェブサイトの検索エリアにあるプラグイン上でHTMLインジェクションが発生します。 6.1 CVE
2024-02-08 09:00:10.146428
CVE-2023-5237 1.3.9より前のMemberlite Shortcodes WordPressプラグインは、ページに出力する前にショートコード属性のバリデーションとエスケープを行わないため、contributor程度のロールを持つユーザが、管理者などの高い権限を持つユーザに対して使用される可能性のあるStored Cross-Site Scripting攻撃を実行できる可能性があります。 5.4 CVE
2024-02-08 09:00:10.145846
CVE-2023-5229 1.20.20以前のE2Pdf WordPressプラグインは、設定の一部をサニタイズおよびエスケープしていないため、unfiltered_html機能が許可されていない場合でも、高権限ユーザーがクロスサイトスクリプティング攻撃を実行できる可能性があります。 4.8 CVE
2024-02-08 09:00:10.145290
CVE-2023-5211 Fattura24 WordPress プラグイン 6.2.8 以前のバージョンでは、'id' パラメータをページに出力する前にサニタイズまたはエスケープしていないため、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が反映されます。 6.1 CVE
2024-02-08 09:00:10.144652
CVE-2023-5098 2.5.6以前のWordPressプラグインCampaign Monitor Forms by Optin Catは、(購読者のような)低い権限を持つユーザーがサイト上のあらゆるオプションを "true "という文字列で上書きすることを防いでおらず、DoSを含むさまざまな結果につながる可能性があります。 8.1 CVE
2024-02-08 09:00:10.144054
CVE-2023-4836 2.0.5より前のWordPressファイル共有プラグインでは、ファイルやフォルダを表示する前に認証チェックが行われないため、ブルートフォース(総当たり)されやすいIDを操作することで、それらのファイルへのアクセスを許してしまう。 4.3 CVE
2024-02-08 09:00:10.143458
CVE-2023-4823 2.2.0 より前の WP Meta and Date Remover WordPress プラグインは、プラグイン設定を構成するための AJAX エンドポイントを提供しています。このエンドポイントは能力チェックを行わず、ユーザー入力をサニタイズしないため、後にエスケープされずに出力されます。購読者のような認証されたユーザが設定を変更し、保存されたクロスサイトスクリプティングを実行することを許可します。 5.4 CVE
2024-02-08 09:00:10.142861
CVE-2023-4390 3.7.2以前のPopup box WordPressプラグインは、Popupフィールドの一部をサニタイズおよびエスケープしていません。このため、unfiltered_html機能が許可されていない場合(マルチサイト設定など)でも、管理者などの高権限ユーザーが任意のWebスクリプトを注入できる可能性があります。 4.8 CVE
2024-02-08 09:00:10.142274
CVE-2023-4251 3.2.0以前のEventPrime WordPressプラグインには、予約作成時のCSRFチェックがないため、攻撃者はCSRF攻撃によってログインしたユーザーに不要な予約を作成させることができます。 4.3 CVE
2024-02-08 09:00:10.141648
CVE-2023-4250 3.2.0より前のEventPrime WordPressプラグインは、ページに出力する前にいくつかのパラメータをサニタイズおよびエスケープしないため、管理者のような高権限ユーザーに対して使用される可能性のある反射型クロスサイトスクリプティングを引き起こします。 6.1 CVE
2024-02-08 09:00:10.140998
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)

セキュリティ情報は https://nvd.nist.gov/ の情報を元に提供しております。

Copyright © 2022 frame and surface.