WordPressに関連するセキュリティ情報をお知らせしてます

見つかったセキュリティ上の問題は、日々修正されています。プラグインやテーマのこまめなアップデートが、セキュリティ対策として不可欠です。

アップデートなんて面倒、誰かに任せたいと思ったら "プリケアWP" のご利用を!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
CVE-2023-4941 BEAR for WordPress には、1.1.3.3 までのバージョンにおいて、Missing Authorization の脆弱性があります。これは、woobe_bulkoperations_swap 関数のケイパビリティチェックが欠落しているためです。これにより、認証された攻撃者(購読者以上)が製品を操作することが可能になります。 4.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.387403
CVE-2023-4926 BEAR for WordPress には、1.1.3.3 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、woobe_bulk_delete_products 関数における nonce バリデーションの欠落または不正確さが原因です。このため、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者を騙ることで、 偽のリクエストを使って製品を削除することが可能です。 4.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.386852
CVE-2023-4924 BEAR for WordPress は、1.1.3.3 までのバージョンにおいて、Missing Authorization の脆弱性があります。これは、woobe_bulkoperations_delete 関数の機能チェックが欠落しているためです。これにより、サブスクライバ以上のアクセス権を持つ、認証された攻撃者が製品を削除することが可能になります。 4.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.386312
CVE-2023-4923 BEAR for WordPress には、1.1.3.3 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、woobe_bulkoperations_delete 関数における nonce バリデーションの欠落または不正確さが原因です。このため、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者を騙ることで、偽のリクエストを使って製品を削除することが可能です。 4.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.385745
CVE-2023-4796 Booster for WooCommerce for WordPress は、7.1.0 までのバージョンにおいて、ショートコード経由で取得可能な情報の制御が不十分なため、'wcj_wp_option' ショートコードを経由した情報漏洩の脆弱性があります。これにより、サブスクライバ・レベル以上の能力を持つ、認証された攻撃者が、任意の機密性の高いサイト・オプションを取得することが可能になります。 4.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.385187
CVE-2023-4648 WordPress 用 WP Customer Reviews プラグインは、3.6.6 までのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、管理者設定を経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。この問題は、マルチサイトのインストールおよび unfiltered_html が無効になっているインストールにのみ影響します。 4.8 CVE
2024-01-28 03:00:07.384073
CVE-2023-4021 WordPress 用プラグイン Modern Events Calendar lite には、7.1.0 までのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、Google API キーと Calendar ID を介した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。この問題は、マルチサイトのインストールおよび unfiltered_html が無効になっているインストールにのみ影響します。 4.8 CVE
2024-01-28 03:00:07.382819
CVE-2023-3998 WordPress 用 wpDiscuz プラグインは、7.6.3 までのバージョンにおいて userRate 関数の認可チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。このため、認証されていない攻撃者が投稿の評価を上げたり下げたりすることが可能です。 5.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.382088
CVE-2023-3996 ARMember Lite - Membership Plugin for WordPress は、4.0.14 までのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、管理者設定を経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。この問題は、マルチサイトのインストールおよび unfiltered_html が無効になっているインストールにのみ影響します。 4.8 CVE
2024-01-28 03:00:07.381341
CVE-2023-3869 WordPress 用 wpDiscuz プラグインは、7.6.3 までのバージョンにおいて voteOnComment 関数の認可チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者がコメントの評価を上げたり下げたりすることが可能になります。 5.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.380355
CVE-2022-4943 WordPress 用の miniOrange's Google Authenticator プラグインには、5.6.5 までのバージョンでプラグインの設定を変更する際のケイパビリティチェックが欠落しているため、認証バイパスの脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者がプラグインの設定を変更することが可能になります。 5.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.379597
CVE-2022-4290 WordPress 用 Cyr to Lat プラグインは、3.5 までのバージョンにおいて、ユーザが提供するパラメータのエスケープが不十分であり、既存の SQL クエリの準備が不十分であるため、'ctl_sanitize_title' 関数を経由した認証済みの SQL インジェクションに対して脆弱です。このため、用語やタグを追加または変更できる権限を持つ認証ユーザーが、データベースから機密情報を抽出するために使用できるSQLクエリを、既存のクエリに追加することが可能になっていました。バージョン3.6で部分的なパッチが利用可能になり、バージョン3.7でこの問題は完全に修正されました。 8.8 CVE
2024-01-28 03:00:07.377926
CVE-2022-3622 WordPress用Blog2Socialプラグインは、6.9.11までのバージョンにおいて、ケイパビリティチェックが欠落しているため、オーソライゼーションバイパスの脆弱性がある。これにより、サブスクライバーレベル以上の権限を持つ認証された攻撃者が、管理者のみが変更可能なプラグインの設定を変更することが可能になる。 4.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.376871
CVE-2022-3342 WordPress 用 Jetpack CRM プラグインは、5.3.1 までのバージョンにおいて、'zeroBSCRM_CSVImporterLitehtml_app' 関数の 'zbscrmcsvimpf' パラメータを経由した PHAR デシリアライゼーションに対して脆弱です。この関数はnonceチェックを行いますが、チェックのステップ2と3は、チェックに失敗した場合、何のアクションも行いません。これらのステップでは、'zbscrmcsvimpf'の値に対して'file_exists'チェックを行う。phar:// アーカイブが指定された場合、その内容はデシリアライズされ、実行ストリームにオブジェクトが注入される。このため、認証されていない攻撃者が phar アーカイブをアップロードし (例えばサイトが画像のアップロードに対応している場合)、 管理者を騙してリンクをクリックさせるなどのアクションを実行させると、 オブジェクト・インジェクションを得ることができます。 8.8 CVE
2024-01-28 03:00:07.376136
CVE-2022-2441 WordPress 用 ImageMagick Engine プラグインは、1.7.5 までのバージョンにおいて、 'cli_path' パラメータを経由したリモートコード実行の脆弱性があります。これにより、認証されていないユーザが任意のコマンドを実行し、リモートでコマンドを実行することが可能となり、サイト管理者を騙してリンクをクリックするなどのアクションを実行させることができます。このため、攻撃者はサーバー上でホストされているファイルを作成したり変更したりすることが可能であり、これにより、攻撃者は影響を受けるサーバーへのバックドア・アクセスを容易に許可することができます。 8.8 CVE
2024-01-28 03:00:07.375452
CVE-2021-4418 WordPress 用 Custom CSS, JS & PHP プラグインは、2.0.7 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、save() 関数における nonce 検証の欠落または不正確さによるものです。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者をだますことができる、偽造されたリクエストを経由してコードスニペットを保存することが可能になります。 4.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.374843
CVE-2021-4334 WordPress 用 Fancy Product Designer プラグインは、4.6.9 までのバージョンで fpd_update_options 関数の機能チェックが欠落しているため、サイトオプションが不正に変更される脆弱性があります。このため、サブスクライバレベルの権限を持つ認証済みの攻撃者が、デフォルトのロールを管理者に設定するなどのサイトオプションを変更することが可能となり、権限の昇格を許してしまいます。 8.8 CVE
2024-01-28 03:00:07.374300
CVE-2020-36759 WordPress 用 Woody code snippets プラグインは、2.3.9 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、runActions() 関数における nonce バリデーションの欠落または不正確さによるものです。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者をだますことができる、偽造されたリクエストを介してスニペットを有効化および無効化することが可能になります。 4.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.373729
CVE-2020-36758 WordPress 用 RSS Aggregator by Feedzy プラグインは、3.4.2 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、save_feedzy_post_type_meta() 関数の nonce バリデーションが欠落しているか、正しくないことが原因です。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようにサイト管理者を騙すことができる、 偽装されたリクエストを使って投稿メタを更新することが可能になります。 4.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.373172
CVE-2020-36755 WordPress用Customizrテーマには、4.3.0までのバージョンにおいて、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性があります。これは、czr_fn_post_fields_save()関数におけるnonceバリデーションの欠落または不正確さによるものです。これにより、認証されていない攻撃者が、サイト管理者を騙してリンクをクリックするなどのアクションを実行させるために、偽造されたリクエストを使ってフィールドを投稿することが可能になります。 4.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.372537
CVE-2020-36754 WordPress 用 Paid Memberships Pro プラグインは、2.4.2 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは pmpro_page_save() 関数の nonce バリデーションが欠落しているか、正しくないことが原因です。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションをサイト管理者に実行させるために、 偽のリクエストを使ってページを保存することが可能になります。 4.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.371969
CVE-2020-36753 WordPress 用テーマ Hueman には、3.6.3 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、save_meta_box() 関数における nonce 検証の欠落または不正確さに起因します。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者を騙すことができる、偽造されたリクエストによってメタボックスのデータを保存することが可能になります。 4.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.371402
CVE-2020-36751 WordPress 用 Coupon Creator プラグインには、3.1 までのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは save_meta() 関数の nonce 検証の欠落または不正確さに起因します。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者をだますことができる、偽造されたリクエストによってメタフィールドを保存することが可能になります。 4.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.370788
CVE-2020-36714 WordPress 用 Brizy プラグインは、1.0.125 までのバージョンにおいて、 is_administrator() 関数の機能チェックに誤りがあり、 認証バイパスされる脆弱性があります。このため、認証された攻撃者が利用可能な AJAX 関数にアクセスし、操作することが可能です。 8.1 CVE
2024-01-28 03:00:07.370167
CVE-2023-5576 移行、バックアップ、ステージング - WordPress 用 WPvivid プラグインは、0.9.91 までのバージョンにおいて、一般に公開されているプラグインソースに平文で保存されている Google Drive API の秘密情報を経由して、機密情報が暴露される脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が別の脆弱性やソーシャルエンジニアリングによってユーザーを騙して再認証させることができれば、API を介して WPVivid の Google Drive アカウントになりすますことができる可能性があります。 9.3 CVE
2024-01-28 03:00:07.369483
CVE-2023-5308 WordPress 用 Podcast Subscribe Buttons プラグインは、1.4.8 までのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'podcast_subscribe' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-01-28 03:00:07.367910
CVE-2023-5200 WordPress 用 flowpaper プラグインは、2.0.3 までのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、「flipbook」ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-01-28 03:00:07.367279
CVE-2023-5120 WordPress 用 Migration, Backup, Staging - WPvivid プラグインは、0.9.89 までのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、画像ファイルのパスパラメータを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、管理者権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 4.8 CVE
2024-01-28 03:00:07.366632
CVE-2023-5071 WordPress 用 Sitekit プラグインは、1.4 までのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'sitekit_iframe' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-01-28 03:00:07.365933
CVE-2023-5050 WordPress 用 Leaflet Map プラグインは、3.3.0 までのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-01-28 03:00:07.364973
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)

セキュリティ情報は https://nvd.nist.gov/ の情報を元に提供しております。

Copyright © 2022 frame and surface.