WordPressに関連するセキュリティ情報をお知らせしてます

見つかったセキュリティ上の問題は、日々修正されています。プラグインやテーマのこまめなアップデートが、セキュリティ対策として不可欠です。

アップデートなんて面倒、誰かに任せたいと思ったら "プリケアWP" のご利用を!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] (2701)
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
CVE-2024-1582 WordPress 用 WP Go Maps (旧 WP Google Maps) プラグインは、9.0.32 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズとユーザが提供した属性の出力エスケープが不十分なため、プラグインの 'wpgmza' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-20 23:00:04.821999
CVE-2023-4839 WP Go Maps for WordPress は、9.0.32 までのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、管理者設定を経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。この問題は、マルチサイトのインストールおよび unfiltered_html が無効になっているインストールにのみ影響します。 4.4 CVE
2024-06-20 23:00:04.821329
CVE-2024-1421 HT Mega - Absolute Addons For Elementor plugin for WordPress は、2.4.4 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、Post Carousel ウィジェットの 'border_type' 属性を介した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のWebスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-20 23:00:04.820527
CVE-2024-1397 HT Mega - Absolute Addons For Elementor plugin for WordPress は、2.4.6 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供する 'titleTag' 属性の入力サニタイズと出力エスケープが不十分なため、プラグインのブロックを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-20 23:00:04.819652
CVE-2023-7072 WordPress 用プラグイン Post Grid Combo - 36+ Gutenberg Blocks には、2.2.68 までのすべてのバージョンにおいて、「get_posts」REST API エンドポイントを経由した機密情報暴露の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が、完全な下書き投稿やパスワードで保護された投稿、パスワードで保護された投稿のパスワードを含む機密データを抽出することが可能になります。 7.5 CVE
2024-06-20 23:00:04.817064
CVE-2024-2395 WordPress 用 Bulgarisation for WooCommerce プラグインには、3.0.14 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、いくつかの関数でnonceバリデーションが欠落しているか、正しくないことが原因です。これにより、認証されていない攻撃者が、サイト管理者を騙してリンクをクリックするなどのアクションを実行させることができる、偽造されたリクエストを介してラベルを生成したり削除したりすることが可能になります。 7.3 CVE
2024-06-20 09:00:11.956269
CVE-2024-2107 WordPress 用テーマ Blossom Spa には、1.3.4 までのすべてのバージョンにおいて、生成されたソースを介した機密情報暴露の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が、パスワードで保護された投稿やスケジュールされた投稿の内容を含む機密データを抽出することが可能になります。 5.8 CVE
2024-06-20 09:00:11.955522
CVE-2024-0386 WordPress 用 weForms プラグインは、1.6.21 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'Referer' HTTP ヘッダを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 7.2 CVE
2024-06-20 09:00:11.954810
CVE-2024-2130 WordPress 用 CWW Companion プラグインは、1.2.7 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザーから提供された属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、Module2 ウィジェットを介した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-20 09:00:11.954032
CVE-2024-2031 WordPress 用 Video Conferencing with Zoom プラグインは、4.4.4 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインの 'zoom_recordings_by_meeting' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-20 09:00:11.953406
CVE-2023-4731 WordPress 用 LadiApp プラグインは、4.4 までのバージョンにおいて、'init' を介してフックされる init_endpoint() 関数の nonce チェックが欠落しているため、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者を騙すことができる偽造リクエストを経由して、様々な設定を変更することが可能になります。攻撃者は「ladipage_key」を直接変更することができ、ウェブサイト上に新しい投稿を作成したり、悪意のあるウェブスクリプトを注入したりすることができます、 4.3 CVE
2024-06-20 09:00:11.952744
CVE-2023-4729 WordPress 用 LadiApp プラグインは、4.4 までのバージョンにおいて、AJAX アクション経由でフックされる publish_lp() 関数の nonce チェックが欠落しているため、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が LadiPage キー (攻撃者が完全に制御するキー) を変更することが可能になり、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者を騙すことができる偽造リクエストを経由して、保存された XSS をトリガーするウェブページを含む新しいページを自由に作成できるようになります。 4.3 CVE
2024-06-20 09:00:11.952155
CVE-2023-4728 WordPress 用 LadiApp プラグインは、4.4 までのバージョンにおいて、AJAX アクションを介してフックされる publish_lp() 関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。このため、加入者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者は、LadiPage キー (攻撃者が完全に制御できるキー) を変更することが可能となり、保存された XSS をトリガーするウェブページを含む、新しいページを自由に作成できるようになります。 4.3 CVE
2024-06-20 09:00:11.951575
CVE-2023-4629 WordPress 用 LadiApp プラグインは、4.3 までのバージョンにおいて save_config() 関数の nonce チェックが欠落しているため、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性があります。このため、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションをサイト管理者に実行させるために、偽のリクエストを使って「ladipage_config」オプションを更新することが可能です。 4.3 CVE
2024-06-20 09:00:11.951002
CVE-2023-4628 WordPress 用 LadiApp プラグインは、4.4 までのバージョンで ladiflow_save_hook() 関数の nonce チェックが欠落しているため、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性があります。このため、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者を騙すことができる偽造リクエストを使用して、'ladiflow_hook_config' オプションを更新することが可能です。 4.3 CVE
2024-06-20 09:00:11.950380
CVE-2023-4627 WordPress 用 LadiApp プラグインは、4.4 までのバージョンで save_config() 関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。このため、購読者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が 'ladipage_config' オプションを更新することが可能です。 4.3 CVE
2024-06-20 09:00:11.949738
CVE-2023-4626 WordPress 用 LadiApp プラグインは、4.3 までのバージョンで ladiflow_save_hook() 関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。このため、サブスクライバレベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が 'ladiflow_hook_configs' オプションを更新することが可能です。 4.3 CVE
2024-06-20 09:00:11.949081
CVE-2024-1328 WordPress 用 Newsletter2Go プラグインは、4.0.13 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'style' パラメータを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、サブスクライバ以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-20 09:00:11.948266
CVE-2024-0906 WordPress 用 f(x) Private Site プラグインは、1.2.1 までのすべてのバージョンにおいて、API を介した Sensitive Information Exposure の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者がこのプラグインで保護されたサイトのページや投稿の内容を取得することが可能になります。 5.3 CVE
2024-06-20 09:00:11.945785
CVE-2024-1645 WordPress 用 Mollie Forms プラグインは、2.6.3 までのすべてのバージョンにおいて exportRegistrations 関数の機能チェックが欠落しているため、データへの不正アクセスの脆弱性があります。このため、サブスクライバ以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、このプラグインによって収集された決済データをエクスポートすることが可能です。 4.3 CVE
2024-06-19 09:00:11.383344
CVE-2024-1400 WordPress 用 Mollie Forms プラグインは、2.6.3 までのすべてのバージョンにおいて、duplicateForm 関数の機能チェックが欠落しているため、不正に投稿やページを複製される脆弱性があります。このため、サブスクライバ以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意の投稿やページを複製することが可能です。 4.3 CVE
2024-06-19 09:00:11.380958
CVE-2024-1870 WordPress 用 Colibri Page Builder プラグインは、1.0.260 までのすべてのバージョンにおいて、 callActivateLicenseEndpoint 関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。このため、サブスクライバ以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者がライセンスキーを更新することが可能です。 4.3 CVE
2024-06-17 09:00:21.566184
CVE-2024-1767 WordPress 用の Blocksy テーマは、2.0.26 までのすべてのバージョンにおいて、 ユーザが提供した 'className' や 'radius' といった属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、 プラグインのブロックを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-17 03:00:08.616231
CVE-2024-1320 EventPrime - Events Calendar, Bookings and Tickets plugin for WordPress は、3.4.3 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'offline_status' パラメータを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.5 CVE
2024-06-17 03:00:08.615388
CVE-2024-1125 EventPrime - Events Calendar, Bookings and Tickets plugin for WordPress は、3.4.3 までのすべてのバージョンにおいて、 calendar_events_delete() 関数の機能チェックが欠落しているため、不正なデータ損失の脆弱性があります。これにより、購読者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意の投稿を削除することが可能になります。 6.5 CVE
2024-06-17 03:00:08.614487
CVE-2024-1124 EventPrime - Events Calendar, Bookings and Tickets plugin for WordPress は、3.4.1 までのすべてのバージョンにおいて、ep_send_attendees_email() 関数の機能チェックが欠落しているため、不正なメール送信の脆弱性があります。これにより、サブスクライバレベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、サイトから任意の内容のメールを送信することが可能になります。 4.3 CVE
2024-06-17 03:00:08.613593
CVE-2024-1123 EventPrime - Events Calendar, Bookings and Tickets plugin for WordPress は、3.4.2 までのすべてのバージョンにおいて、 save_frontend_event_submission() 関数の機能チェックが欠落しているため、 データが不正に変更される脆弱性があります。これにより、購読者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意の投稿のタイトルと内容を上書きすることが可能になります。また、allow_submission_by_anonymous_user設定が有効な場合、認証されていない攻撃者に悪用される可能性があります。 6.5 CVE
2024-06-17 03:00:08.611122
CVE-2024-2298 Affiliate-toolkit - WordPress Affiliate Plugin プラグインは、3.5.4 までのすべてのバージョンにおいて、atkp_import_product() 関数の機能チェックが欠落しているため、不正アクセスの脆弱性があります。このため、サブスクライバレベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、商品のインポート作成などの不正なアクションを実行する可能性があります。 4.3 CVE
2024-06-16 03:00:04.412790
CVE-2024-1851 Affiliate-toolkit - WordPress Affiliate Plugin プラグインは、3.5.4 までのすべてのバージョンにおいて、atkp_create_list() 関数の機能チェックが欠落しているため、不正アクセスの脆弱性があります。このため、サブスクライバレベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、商品リストの作成などの不正なアクションを実行する可能性があります。 6.3 CVE
2024-06-16 03:00:04.411742
CVE-2024-1987 WordPress の WP-Members Membership Plugin プラグインは、3.4.9.1 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインのショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-16 03:00:04.408819
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] (2701)

セキュリティ情報は https://nvd.nist.gov/ の情報を元に提供しております。

Copyright © 2022 frame and surface.