WordPressに関連するセキュリティ情報をお知らせしてます

見つかったセキュリティ上の問題は、日々修正されています。プラグインやテーマのこまめなアップデートが、セキュリティ対策として不可欠です。

アップデートなんて面倒、誰かに任せたいと思ったら "プリケアWP" のご利用を!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] (2701)
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
CVE-2024-0433 WordPress 用 Gestpay for WooCommerce プラグインには、20221130 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、'ajax_unset_default_card' 関数における nonce 検証の欠落または不正確さによるものです。このため、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者を騙ることができる偽造リクエストによって、ユーザーのカードトークンのデフォルトステータスを削除することが可能です。 4.3 CVE
2024-06-07 09:00:04.001056
CVE-2024-0432 WordPress 用 Gestpay for WooCommerce プラグインには、20221130 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、'ajax_delete_card' 関数の nonce バリデーションが欠落しているか、正しくないことが原因です。このため、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者をだますことができる偽造リクエストを使用して、ユーザーのデフォルトのカードトークンを削除することが可能です。 4.3 CVE
2024-06-07 09:00:04.000218
CVE-2024-0431 WordPress 用 Gestpay for WooCommerce プラグインには、20221130 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、'ajax_set_default_card' 関数における nonce 検証の欠落または不正確さによるものです。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションをサイト管理者に実行させるために、偽造されたリクエストを使用してユーザーのデフォルトのカードトークンを設定することが可能になります。 4.3 CVE
2024-06-07 09:00:03.999013
CVE-2023-6922 WordPress用AcuraxプラグインのUnder Construction / Maintenance Modeは、2.6までのバージョンにおいて、'acx_csma_subscribe_ajax'関数を経由した機密情報暴露の脆弱性があります。これにより、認証された攻撃者は、購読した訪問者の名前や電子メールアドレスなどの機密データを抽出することができます。 4.3 CVE
2024-06-07 09:00:03.996453
CVE-2024-1943 WordPress 用 Yuki テーマには、1.3.14 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、reset_customizer_options() 関数における nonce 検証の欠落または不正確さに起因します。このため、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者を騙すことができる偽造リクエストを使用して、テーマの設定をリセットすることが可能です。 4.3 CVE
2024-06-07 03:00:05.316635
CVE-2024-1568 WordPress 用 Seraphinite Accelerator プラグインは、2.20.52 までのすべてのバージョンにおいて、 OnAdminApi_HtmlCheck 関数を経由した Server-Side Request Forgery の脆弱性があります。これにより、サブスクライバレベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、ウェブアプリケーションを起点とした任意の場所へのウェブリクエストを行うことが可能となり、内部サービスからの情報の照会や変更に使用される可能性があります。 6.4 CVE
2024-06-07 03:00:05.315900
CVE-2024-1388 WordPress 用の Yuki テーマは、1.3.13 までのすべてのバージョンにおいて、reset_customizer_options() 関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。このため、購読者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者がテーマの設定をリセットすることが可能です。 4.3 CVE
2024-06-07 03:00:05.313377
CVE-2024-1912 WordPress 用 Categorify プラグインには、1.0.7.4 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、categorifyAjaxUpdateFolderPosition 関数の nonce バリデーションが欠落しているか、正しくないことが原因です。これにより、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようにサイト管理者をだますことができるように付与された偽造リクエストを介して、カテゴリのフォルダ位置を更新したり、他の分類法のメタデータを更新したりすることが可能になります。 4.3 CVE
2024-06-06 09:00:46.153314
CVE-2024-1910 WordPress 用 Categorify プラグインには、1.0.7.4 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、categorifyAjaxClearCategory 関数の nonce バリデーションが欠落しているか、正しくないことが原因です。これにより、認証されていない攻撃者が、サイト管理者を騙してリンクをクリックするなどのアクションを実行させることができる、偽造されたリクエストを介してカテゴリをクリアすることが可能になります。 4.3 CVE
2024-06-06 09:00:46.152639
CVE-2024-1909 WordPress 用 Categorify プラグインは、1.0.7.4 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、categorifyAjaxRenameCategory 関数における nonce バリデーションの欠落または不正確さが原因です。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者を騙すことができる、偽造されたリクエストを介してカテゴリの名前を変更することが可能になります。 4.3 CVE
2024-06-06 09:00:46.151924
CVE-2024-1907 WordPress 用 Categorify プラグインには、1.0.7.4 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、categorifyAjaxDeleteCategory 関数の nonce バリデーションが欠落しているか、正しくないことが原因です。これにより、認証されていない攻撃者が、サイト管理者を騙してリンクをクリックするなどのアクションを実行させることができる、偽造されたリクエストを介してカテゴリを削除することが可能になります。 4.3 CVE
2024-06-06 09:00:46.151114
CVE-2024-1906 WordPress 用 Categorify プラグインには、1.0.7.4 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、categorifyAjaxAddCategory 関数の nonce バリデーションが欠落しているか、正しくないことが原因です。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようにサイト管理者を騙すことができる、偽造されたリクエストを介してカテゴリを追加することが可能になります。 4.3 CVE
2024-06-06 09:00:46.150375
CVE-2024-1653 WordPress 用 Categorify プラグインは、1.0.7.4 までのすべてのバージョンにおいて、categorifyAjaxUpdateFolderPosition の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。これにより、サブスクライバ・レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、カテゴリのフォルダ位置を更新したり、他のタクソノミーのメタデータを更新したりすることが可能になります。 4.3 CVE
2024-06-06 09:00:46.149581
CVE-2024-1652 WordPress 用 Categorify プラグインは、1.0.7.4 までのすべてのバージョンにおいて、categorifyAjaxClearCategory 関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。これにより、購読者レベル以上のアクセス権を持つ、認証された攻撃者がカテゴリをクリアすることが可能になります。 4.3 CVE
2024-06-06 09:00:46.148807
CVE-2024-1650 WordPress 用 Categorify プラグインは、1.0.7.4 までのすべてのバージョンにおいて、categorifyAjaxRenameCategory 関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。これにより、購読者レベル以上のアクセス権を持つ、認証された攻撃者がカテゴリの名前を変更することが可能になってしまいます。 4.3 CVE
2024-06-06 09:00:46.147908
CVE-2024-1649 WordPress 用 Categorify プラグインは、1.0.7.4 までのすべてのバージョンにおいて、categorifyAjaxDeleteCategory 関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。これにより、購読者レベル以上のアクセス権を持つ、認証された攻撃者がカテゴリを削除することが可能になります。 4.3 CVE
2024-06-06 09:00:46.145510
CVE-2024-1698 NotificationX - Best FOMO, Social Proof, WooCommerce Sales Popup & Notification Bar Plugin With Elementor plugin for WordPress は、2.8.2 までのすべてのバージョンにおいて、'type' パラメータを経由した SQL インジェクションの脆弱性があります。 これにより、認証されていない攻撃者は、データベースから機密情報を抽出するために使用可能な追加のSQLクエリを既存のクエリに追加することが可能になります。 9.8 CVE
2024-06-06 03:00:03.889360
CVE-2024-1687 WordPress 用 WooCommerce - Increase Your Sales プラグインの Thank You Page Customizer には、1.1.2 までのすべてのバージョンにおいて get_text_editor_content() 関数の機能チェックが欠落しているため、ショートコードが不正に実行される脆弱性があります。これにより、購読者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のショートコードを実行することが可能になります。 5.4 CVE
2024-06-06 03:00:03.888692
CVE-2024-1686 WordPress 用 WooCommerce - Increase Your Sales プラグインのサンキューページカスタマイザーは、apply_layout 関数を経由する 1.1.2 までのすべてのバージョンにおいて、ケイパビリティチェックの欠落により認証 e が欠落する脆弱性があります。これにより、購読者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、個人情報を含む可能性のある任意の注文データを取得することが可能になります。 5.3 CVE
2024-06-06 03:00:03.887904
CVE-2024-1323 WordPress用プラグインOrbit Fox by ThemeIsleは、2.10.30までのすべてのバージョンにおいて、ユーザーから提供された属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインのPost Type Grid Widget Titleを経由したStored Cross-Site Scriptingの脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証済みの攻撃者が、任意のWebスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 6.4 CVE
2024-06-06 03:00:03.885086
CVE-2024-1758 WordPress 用 SuperFaktura WooCommerce プラグインは、1.40.3 までのすべてのバージョンにおいて、 wc_sf_url_check 関数を経由した Server-Side Request Forgery の脆弱性があります。これにより、サブスクライバレベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、ウェブアプリケーションを起点とした任意の場所へのウェブリクエストを行うことが可能となり、内部サービスからの情報の照会や変更に使用される可能性があります。 5.4 CVE
2024-06-05 09:00:38.486320
CVE-2024-1710 WordPress 用 Addon Library プラグインは、1.3.76 までのすべてのバージョンにおいて、onAjaxAction 関数アクションの機能チェックが欠落しているため、データへの不正アクセスの脆弱性があります。これにより、サブスクライバレベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のファイルのアップロードを含むいくつかの不正なアクションを実行することが可能になります。 8.8 CVE
2024-06-05 09:00:38.485542
CVE-2024-1165 WordPress 用 Brizy - Page Builder プラグインは、2.4.39 までのすべてのバージョンにおいて、'id' を経由したディレクトリトラバーサルの脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、サーバー上の任意の場所にファイルをアップロードすることが可能になります。 4.3 CVE
2024-06-05 09:00:38.484687
CVE-2023-5775 WordPress 用 BackWPup プラグインは、4.0.2 までのすべてのバージョンにおいて、バックアップ先パスワードのプレーンテキスト保存に脆弱性があります。これは、プラグインがバックアップ先のパスワードを平文で不適切に保存していることが原因です。これにより、管理者レベルのアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、UI のパスワード入力フィールドまたはパスワードが保存されているオプションテーブルからパスワードを取得することが可能になります。 2.2 CVE
2024-06-05 09:00:38.482291
CVE-2024-1810 WordPress 用 Archivist - Custom Archive Templates プラグインは、1.7.5 までのすべてのバージョンにおいて、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、'shortcode_attributes' パラメータを経由した Reflected Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者は、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようユーザーをうまく騙すことができれば、実行するページに任意のウェブスクリプトを注入することが可能になります。 6.1 CVE
2024-06-03 03:00:05.204666
CVE-2024-1362 WordPress 用 Colibri Page Builder プラグインは、1.0.253 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、cp_shortcode_refresh() 関数における nonce 検証の欠落または不正確さに起因します。これにより、認証されていない攻撃者は、サイト管理者を騙してリンクをクリックするなどのアクションを実行させることができる偽造リクエストを経由して、任意のショートコードを実行することが可能になります。 4.3 CVE
2024-06-02 09:00:04.579765
CVE-2024-1361 WordPress 用 Colibri Page Builder プラグインには、1.0.253 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは apiCall() 関数における nonce バリデーションの欠落または不正確さによるものです。これにより、認証されていない攻撃者が、画像のインポート、投稿の削除、テーマデータの保存に使用できる限定された関数を、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者を騙して、偽のリクエストで呼び出すことが可能になります。 4.3 CVE
2024-06-02 09:00:04.579148
CVE-2024-1360 WordPress 用 Colibri WP テーマには、1.0.94 までのすべてのバージョンにおいて Cross-Site Request Forgery の脆弱性があります。これは、colibriwp_install_plugin() 関数における nonce バリデーションの欠落または不正確さによるものです。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようにサイト管理者を騙すことができる、 偽装されたリクエストによって推奨プラグインをインストールすることが可能になります。 4.3 CVE
2024-06-02 09:00:04.578387
CVE-2024-1590 ページビルダーPagelayer - Drag and Drop website builder plugin for WordPress は、1.8.2 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインの Button Widget を経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上の権限を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 4.6 CVE
2024-06-02 09:00:04.575579
CVE-2024-1779 WordPress 用 Contact Form 7 プラグインの管理者側データストレージには、1.1.1 までのすべてのバージョンにおいて、zt_dcfcf_change_status() 関数のケイパビリティチェックが欠けているため、データを不正に変更される脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者がメッセージの読み取りステータスを変更することが可能になります。 5.3 CVE
2024-06-02 03:00:04.341484
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] (2701)

セキュリティ情報は https://nvd.nist.gov/ の情報を元に提供しております。

Copyright © 2022 frame and surface.