WordPressに関連するセキュリティ情報をお知らせしてます

見つかったセキュリティ上の問題は、日々修正されています。プラグインやテーマのこまめなアップデートが、セキュリティ対策として不可欠です。

アップデートなんて面倒、誰かに任せたいと思ったら "プリケアWP" のご利用を!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
CVE-2022-0745 2.6.45以前のLike Button Rating WordPressプラグインは、購読者などのログインしたユーザーが、任意の受信者に、任意の件名と本文で任意のメールを送信することが可能です 6.5 CVE
2023-10-23 09:00:04.973559
CVE-2022-1608 WordPress プラグイン OnePress Social Locker の 5.6.2 までは、設定の更新時に CSRF チェックを行わないため、ログインした管理者に CSRF 攻撃で設定を変更させられる可能性があります。 6.5 CVE
2023-10-23 03:00:06.268606
CVE-2022-1694 1.6.1 までの Useful Banner Manager WordPress プラグインは、管理ページへの POST リクエストに対して CSRF チェックを行わないため、攻撃者は、ログインした管理者がフォームを送信することでプラグインからバナーの追加、変更、削除を行うよう騙される可能性があります。 6.5 CVE
2023-10-22 23:00:03.549263
CVE-2022-1612 1.0 までの Webriti SMTP Mail WordPress プラグインは、設定を更新する際に CSRF チェックを行わないため、ログインした管理者に CSRF 攻撃で設定を変更させられる可能性があります。 6.5 CVE
2023-10-22 09:00:03.666243
CVE-2022-1605 4.8.8 までの WordPress プラグイン Email Users は、設定を更新する際に CSRF チェックを行わないため、ログインした管理者に CSRF 攻撃で設定を変更させ、任意のユーザーの通知設定を変更できる可能性があります。 6.5 CVE
2023-10-22 03:00:06.976657
CVE-2022-1624 1.1.4 までの Latest Tweets Widget WordPress プラグインは、設定を更新する際に CSRF チェックを行わないため、CSRF 攻撃によりログインした管理者に設定を変更させられる可能性があります。 6.5 CVE
2023-10-21 23:00:04.487945
CVE-2022-1829 5.11 までの Inline Google Maps WordPress プラグインは、設定の更新時に CSRF チェックを行わないため、ログインした管理者に CSRF 攻撃で設定を変更させ、サニタイズとエスケープの不足により、Stored Cross-Site Scripting につながる可能性があります。 6.5 CVE
2023-10-21 09:00:04.610263
CVE-2022-1831 1.3.1 までの WPlite WordPress プラグインは、設定の更新時に CSRF チェックを行わないため、CSRF 攻撃により、ログインした管理者に設定を変更させられる可能性があります。 6.5 CVE
2023-10-21 03:00:04.694737
CVE-2022-1830 Amazon Einzeltitellinks WordPress プラグイン 1.3.3 までは、設定の更新時に CSRF チェックを行わないため、ログインした管理者に CSRF 攻撃で設定を変更させ、サニタイズとエスケープの不足により、Stored Cross-Site Scripting につながる可能性があります。 6.5 CVE
2023-10-20 23:00:08.347789
CVE-2022-1583 1.43 以前の WordPress プラグイン External Links in New Window / New Tab は、外部サイトへのリンクをクリックしたときに window.opener が "null" に設定されていないため、タブナビング攻撃が発生する可能性があります。 6.5 CVE
2023-10-20 09:00:05.887270
CVE-2021-24788 Batch Cat WordPress プラグイン 0.3 では、3 つのカスタム AJAX アクションが定義されており、いずれも認証が必要ですが、すべてのロールで利用可能です。その結果、認証されたユーザー(単純な購読者を含む)なら誰でも、投稿に任意のカテゴリーを追加/設定/削除することができます。 6.5 CVE
2023-10-20 03:00:06.356161
CVE-2020-24147 WordPress 用 WP Smart Import (wp-smart-import) プラグイン 1.0.0 に、ファイルフィールド経由でのサーバサイドリクエストフォージェリ (SSR) の脆弱性が存在します。 9.1 CVE
2023-10-20 03:00:06.354608
CVE-2022-1768 WordPress 用プラグイン RSVPMaker には、~/rsvpmaker-email.php ファイル内の複数の SQL クエリに渡されるユーザ提供データのエスケープとパラメータ化が不十分なため、未認証の SQL インジェクションの脆弱性が存在します。このため、9.3.2 までのバージョンでは、認証されていない攻撃者がデータベースから機密情報を盗み出すことが可能です。これは CVE-2022-1453 と CVE-2022-1505 とは別物です。 7.5 CVE
2023-10-20 03:00:06.353875
CVE-2021-24371 8.7.3以前のRSVPMaker WordPressプラグインのインポート機能(/wp-admin/tools.php?page=rsvpmaker_export_screen)は、URL入力を受け取り、それがリモートのものであることを最初に検証することなく、それに対してcurlを呼び出します。その結果、高い特権を持つユーザがその機能を使い、SSRF攻撃によって内部ネットワークをスキャンする可能性があります。 2.7 CVE
2023-10-20 03:00:06.351684
CVE-2019-15646 WordPressの6.2以前のrsvpmakerプラグインにはSQLインジェクションがあります。 9.8 CVE
2023-10-20 03:00:06.350972
CVE-2018-21004 WordPress用の5.6.4以前のrsvpmakerプラグインにはSQLインジェクションがあります。 9.8 CVE
2023-10-20 03:00:06.350204
CVE-2019-16990 v4.5.7までのFusionPBXでは、app/music_on_hold/music_on_hold.phpで、URLから来る未サニタイズの「ファイル」変数を使用し、任意のパス名(base64エンコーディング)を受け取り、ダウンロードできるようにしています。 6.5 CVE
2023-10-19 23:00:03.882259
CVE-2021-25013 1.7.8以前のQubely WordPressプラグインは、qubely_delete_saved_block AJAXアクションの認証とCSRFチェックを行っておらず、削除するブロックがプラグインに属していることを確認していないため、購読者などの認証済みユーザが任意の記事を削除することができます。 6.5 CVE
2023-10-19 09:00:04.267501
CVE-2022-1407 1.5.8 以前の VikBooking Hotel Booking Engine & PMS WordPress プラグインは、トラッキングキャンペーンを追加する際に CSRF チェックを行わず、またキャンペーンフィールドを属性で出力する際にエスケープを行いません。その結果、ログインしている管理者が、CSRF 攻撃によって XSS ペイロードを含むトラッキングキャンペーンを追加させることが可能です。 6.5 CVE
2023-10-19 03:00:03.695064
CVE-2022-25148 WordPress プラグイン WP Statistics には、~/includes/class-wp-statistics-hits.php ファイルにある current_page_id パラメータのエスケープおよびパラメータ化が不十分なため、SQL インジェクションの脆弱性があり、13.1.5 までのバージョンにおいて、認証のない攻撃者が任意の SQL クエリを注入して機密情報を取得できる可能性があります。 9.8 CVE
2023-10-19 03:00:03.693926
CVE-2022-2091 3.2.1 以前の Cache Images WordPress プラグインは nonce チェックを実装していないため、攻撃者は CSRF 攻撃により、ログインした任意のユーザーを画像アップロードさせることができます。 6.5 CVE
2023-10-18 23:00:04.149744
CVE-2022-1422 5.2 以前の Discy WordPress テーマは、AJAX アクション discy_reset_options で CSRF トークンをチェックしないため、攻撃者が管理者を騙してサイト設定をデフォルトに戻すことができます。 6.5 CVE
2023-10-17 23:00:04.647118
CVE-2021-3133 WordPress 用 Elementor Contact Form DB プラグイン 1.6 以前では、バックエンドの管理ページ経由で CSRF が可能です。 6.5 CVE
2023-10-17 09:00:04.727263
CVE-2022-1398 WordPressプラグイン「External Media without Import」1.1.2は、URL経由で追加されたメディアを外部メディアとして認証しないため、購読者などの認証済みユーザがブラインドSSRF攻撃を実行できる可能性があります。 6.5 CVE
2023-10-17 03:00:03.940580
CVE-2022-1424 6.8.2 以前の Ask me WordPress テーマは、その AJAX アクションのいずれに対しても CSRF チェックを行わないため、攻撃者はログインしたユーザーを騙してサイト上で様々なアクションを代行させることが可能です。 6.5 CVE
2023-10-16 23:00:04.256505
CVE-2022-1788 4.0.0 までの Change Uploaded File Permissions WordPress プラグインは、チェックが欠けているため、CSRF 攻撃を受ける可能性があります。これは、任意のフォルダのファイルおよびフォルダのパーミッションを変更するために使用することができます。このため、iniファイルなど特定のファイルを誰でも読めるようにした場合、問題になる可能性があります。 6.5 CVE
2023-10-16 09:00:05.042929
CVE-2021-24831 1.3.2以前のTab WordPressプラグインのすべてのAJAXアクションは、認証されていないユーザーと認証されたユーザーの両方が利用可能であり、認証されていない攻撃者は、任意のタブを追加/編集/削除するなど、プラグイン内のさまざまなデータを変更することができます。 7.5 CVE
2023-10-16 09:00:05.040842
CVE-2022-0191 1.2.7 以前の WordPress プラグイン Ad Invalid Click Protector (AICP) は、禁止されたユーザーを削除する CSRF チェックを行っていないため、攻撃者がログインした管理者に任意の禁止を削除させることができる可能性があります。 6.5 CVE
2023-10-16 03:00:05.267988
CVE-2022-1576 2.4.5 以前の WP Maintenance Mode & Coming Soon WordPress プラグインは、購読ユーザーリストを空にする際に CSRF が欠けており、CSRF 攻撃によってログインした管理者にその動作を実行させることが可能です。 6.5 CVE
2023-10-15 23:00:03.708155
CVE-2022-0404 2.6.4 までの Material Design for Contact Form 7 WordPress プラグインは、cf7md_dismiss_notice アクションへのリクエストを処理する際に、認可や通知パラメータに記載されたオプションがプラグインに属するかどうかをチェックしません。これにより、ログインしたユーザー (Subscriber 以下のロール) で任意のオプションを true に設定でき、サイトを破壊してサービス拒否に至る可能性があります。 6.5 CVE
2023-10-15 09:00:04.094041
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] (1660)

セキュリティ情報は https://nvd.nist.gov/ の情報を元に提供しております。

Copyright © 2022 frame and surface.