WordPressに関連するセキュリティ情報をお知らせしてます

見つかったセキュリティ上の問題は、日々修正されています。プラグインやテーマのこまめなアップデートが、セキュリティ対策として不可欠です。

アップデートなんて面倒、誰かに任せたいと思ったら "プリケアWP" のご利用を!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] (2701)
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
ID 説明 CVSS v3 ベーススコア 情報元
CVE-2023-6700 WordPress 用の Cookie Information | Free GDPR Consent Solution プラグインは、2.0.22 までのバージョンにおいて、AJAX リクエストハンドラの機能チェックが欠落しているため、任意のオプションを更新される脆弱性があります。これにより、サブスクライバレベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、管理者アカウントの作成に使用できる任意のサイトオプションを編集することが可能になります。 8.8 CVE
2024-05-15 09:00:42.238402
CVE-2023-6635 WordPress 用 EditorsKit プラグインは、1.40.3 までのバージョンにおいて、'import_styles' 関数のファイルタイプ検証の欠落により、任意のファイルをアップロードされる脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上の権限を持つ攻撃者が、影響を受けるサイトのサーバー上に任意のファイルをアップロードすることが可能となり、リモートでコードを実行される可能性があります。 7.2 CVE
2024-05-15 09:00:42.237827
CVE-2023-6557 WordPress 用の The Events Calendar プラグインには、6.2.8.2 までのすべてのバージョンにおいて、 wp_ajax_nopriv_tribe_dropdown にフックされた route 関数を経由した、機密情報漏洩の脆弱性が存在します。これにより、認証されていない攻撃者が、投稿タイトルや、保留中、非公開、下書き投稿の ID を含む、潜在的にセンシティブなデータを抽出することが可能になります。 5.3 CVE
2024-05-15 09:00:42.237260
CVE-2023-6526 WordPress 用のプラグイン Meta Box - WordPress Custom Fields Framework は、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、5.9.2 までのすべてのバージョンにおいて、プラグインのショートコードを通して表示されるカスタム投稿メタ値を経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-05-15 09:00:42.236573
CVE-2023-4637 WordPress 用 WPvivid プラグインは、0.9.94 までのバージョンにおいて restore() および get_restore_progress() 関数の機能チェックが欠落しているため、データに不正アクセスされる脆弱性があります。このため、認証されていない攻撃者がバックアップ ID にアクセスした場合、これらの関数を呼び出してファイルのフルパスを取得することが可能です。 5.3 CVE
2024-05-15 09:00:42.235443
CVE-2021-4436 1.9.1.5以前の3DPrint Lite WordPressプラグインは、認証がなく、p3dlite_handle_upload AJAXアクションでアップロードされたファイルをチェックしないため、認証されていないユーザーがウェブサーバーに任意のファイルをアップロードすることができます。しかし、.htaccessがあり、Apacheのようなウェブサーバーでファイルにアクセスすることを防いでいます。 9.8 CVE
2024-05-15 09:00:42.231507
CVE-2023-46086 SERVIT Software Solutions の affiliate-toolkit - WordPress Affiliate Plugin におけるウェブページ生成時の入力の不適切な中和('クロスサイトスクリプティング')の脆弱性により、Reflected XSS が可能です。この問題は affiliate-toolkit - WordPress Affiliate Plugin: n/a から 3.4.3 に影響します。 6.1 CVE
2024-05-15 03:00:07.743414
CVE-2023-38474 この問題は、Campaign Monitor for WordPress の n/a から 2.8.12 までのバージョンに影響します。 6.1 CVE
2024-05-14 23:00:05.548708
CVE-2023-4635 WordPress 用 EventON プラグインには、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、2.2.2 までのバージョンにおいて、「tab」パラメータを経由した Reflected Cross-Site Scripting の脆弱性があります。このため、認証されていない攻撃者は、ユーザーを騙してリンクをクリックするなどのアクションを実行させることに成功した場合、ページ内に任意のウェブスクリプトを注入して実行することが可能になります。 6.1 CVE
2024-05-14 09:00:04.586951
CVE-2023-5653 1.9.4.5までのWassUp Real Time Analytics WordPressプラグインは、管理ページに出力する前に一部のヘッダを通して提供されたIPアドレスをエスケープしないため、認証されていないユーザがログインした管理者に対してStored XSS攻撃を行う可能性があります。 6.1 CVE
2024-05-14 03:00:04.055393
CVE-2024-0909 WordPress 用の Anonymous Restricted Content プラグインは、1.6.2 までのすべてのバージョンにおいて情報漏えいの脆弱性があります。これは、保護対象の投稿/ページに対する REST API を通じた制限が不十分なためです。これにより、認証されていない攻撃者が保護されたコンテンツにアクセスすることが可能になります。 7.5 CVE
2024-05-13 03:00:05.008789
CVE-2024-0895 WordPress 用 PDF Flipbook, 3D Flipbook - DearFlip プラグインは、2.2.26 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが入力したデータに対する入力サニタイズと出力エスケープが不十分なため、アウトライン設定を経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-05-13 03:00:05.006220
CVE-2024-0963 WordPress 用 Calculated Fields Form プラグインは、1.2.52 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供する 'location' 属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインの CP_CALCULATED_FIELDS ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-05-12 09:00:04.320661
CVE-2024-0844 WordPress 用の Popup More Popups, Lightboxes, and more popup modules プラグインは、バージョン 2.1.6 において、 ycfChangeElementData() 関数を経由したローカルファイル取り込みの脆弱性があります。これにより、管理者レベル以上のアクセス権を持つ認証された攻撃者は、サーバ上の "Form.php" で終わる任意のファイルをインクルードして実行することが可能になり、それらのファイル内の任意の PHP コードを実行できるようになります。これは、アクセス制御を回避したり、機密データを取得したり、 画像やその他の「安全な」ファイルタイプをアップロードしてインクルードしたりする場合に、 コード実行を実現するために使われる可能性があります。 7.2 CVE
2024-05-12 09:00:04.317660
CVE-2024-1162 WordPress用プラグインOrbit Fox by ThemeIsleは、2.10.29までのすべてのバージョンにおいて、クロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性があります。これは、register_reference() 関数での nonce 検証の欠落または不正確さが原因です。これにより、認証されていない攻撃者が、リンクをクリックするなどのアクションを実行するようサイト管理者をだますことができるように付与された偽造リクエストを経由して、接続された API キーを更新することが可能になります。 4.3 CVE
2024-05-12 03:00:04.178270
CVE-2024-1047 WordPress用プラグインOrbit Fox by ThemeIsleは、2.10.28までのすべてのバージョンにおいて、register_reference()関数の機能チェックが欠落しているため、データを不正に変更される脆弱性があります。これにより、認証されていない攻撃者が接続された API キーを更新することが可能になってしまいます。 5.3 CVE
2024-05-12 03:00:04.177553
CVE-2024-1073 WordPress 用 SlimStat Analytics プラグインには、入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、5.1.3 までのすべてのバージョンにおいて、「filter_array」パラメーターを介した保存型クロスサイトスクリプティングの脆弱性があります。これにより、サブスクライバレベル以上のアクセス権を持つ認証済みの攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能になり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。 5.4 CVE
2024-05-12 03:00:04.176614
CVE-2024-0685 Ninja Forms Contact Form - The Drag and Drop Form Builder for WordPress plugin for WordPress には、3.7.1 までのすべてのバージョンにおいて、フォームから送信されるメールアドレスの値を経由した Second Order SQL Injection の脆弱性があります。 これにより、認証されていない攻撃者は、管理者が個人データのエクスポートをトリガーしたときに、すでに存在するクエリに追加で追加されるようなSQLを電子メールアドレスに注入することが可能になります。 9.8 CVE
2024-05-12 03:00:04.173290
CVE-2021-24870 0.9.5 より前の WP Fastest Cache WordPress プラグインには、wpfc_save_cdn_integration AJAX アクションの CSRF チェックが欠けており、アクション経由で利用可能なオプションの一部をサニタイズおよびエスケープしていません。 6.1 CVE
2024-05-11 09:00:05.419537
CVE-2023-51506 この問題は、WPCS - WordPress Currency Switcher Professional: n/a から 1.2.0 までのバージョンに影響します。 5.4 CVE
2024-05-11 09:00:04.076695
CVE-2023-51536 CRM Perks CRM Perks Forms - WordPress Form Builder におけるウェブページ生成時の入力の不適切な中和('クロスサイトスクリプティング')の脆弱性 この問題は CRM Perks Forms - WordPress Form Builder: n/a から 1.1.2 までのバージョンに影響します。 4.8 CVE
2024-05-11 09:00:04.075725
CVE-2023-51532 Icegram Icegram Engage - WordPress Lead Generation, Popup Builder, CTA, Optins and Email List Building には、ウェブページ生成時の入力の不適切な中和(「クロスサイトスクリプティング」)の脆弱性があり、Stored XSS が可能です。この問題は、Icegram Engage - WordPress Lead Generation, Popup Builder, CTA, Optins and Email List Building: n/a から 3.1.19 に影響します。 5.4 CVE
2024-05-11 09:00:04.073076
CVE-2023-4250 3.2.0より前のEventPrime WordPressプラグインは、ページに出力する前にいくつかのパラメータをサニタイズおよびエスケープしないため、管理者のような高権限ユーザーに対して使用される可能性のある反射型クロスサイトスクリプティングを引き起こします。 6.1 CVE
2024-05-11 03:00:04.091899
CVE-2023-7069 WordPress 用の Advanced iFrame プラグインは、2023.10 までのすべてのバージョンにおいて、ユーザが提供した属性に対する入力のサニタイズと出力のエスケープが不十分なため、プラグインの 'advanced_iframe' ショートコードを経由した Stored Cross-Site Scripting の脆弱性があります。これにより、投稿者レベル以上のパーミッションを持つ認証された攻撃者が、任意のウェブスクリプトをページに注入することが可能となり、ユーザーが注入されたページにアクセスするたびに実行されます。CVE-2024-24870 はこの問題と重複している可能性があります。 5.4 CVE
2024-05-11 03:00:03.947390
CVE-2023-5641 1.2.30以前のMartins Free & Easy SEO BackLink Link Building Network WordPressプラグインは、ページ内にパラメータを出力する前に、パラメータをサニタイズおよびエスケープしていないため、管理者などの高権限ユーザーに対して使用される可能性のあるReflected Cross-Site Scriptingが発生します。 6.1 CVE
2024-05-10 09:00:07.864614
CVE-2024-22159 この問題は、WOLF - WordPress Posts Bulk Editor and Manager Professional: n/a から 1.0.8 までのバージョンに影響します。 6.1 CVE
2024-05-10 09:00:04.197135
CVE-2024-22150 PWR Plugins Portfolio & Image Gallery for WordPress | PowerFolio における、ウェブページ生成時の入力の不適切な中和(「クロスサイト・スクリプティング」)の脆弱性により、Stored XSS が可能です。この問題は、Portfolio & Image Gallery for WordPress | PowerFolio: n/a から 3.1 に影響します。 5.4 CVE
2024-05-10 09:00:04.196414
CVE-2024-23508 bPlugins PDF Poster - PDF Embedder Plugin for WordPress に、Web ページ生成時の入力の不適切な中和(「クロスサイト・スクリプティング」)の脆弱性があり、Reflected XSS を許しています。この問題は、PDF Poster - PDF Embedder Plugin for WordPress: n/a から 2.1.17 に影響します。 6.1 CVE
2024-05-10 09:00:04.195709
CVE-2024-22304 この問題は、FreshMail For WordPress の n/a から 2.3.2 までのバージョンに影響します。 8.8 CVE
2024-05-10 09:00:04.194892
CVE-2024-22305 Ali Forms Contact Form builder with drag & drop for WordPress - Kali Forms にユーザー制御キーによる認証バイパスの脆弱性 この問題は、Contact Form builder with drag & drop for WordPress - Kali Forms: n/a から 2.3.36 までのバージョンに影響します。 8.1 CVE
2024-05-10 09:00:04.192328
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] (2701)

セキュリティ情報は https://nvd.nist.gov/ の情報を元に提供しております。

Copyright © 2022 frame and surface.